Photo: Daedalic Entertainment

『ロード・オブ・ザ・リング:ゴラム』の発売が、2022年に延期となったことが明らかとなっている。

開発元のデーダーリック・エンターテインメントはこの件に関してプレスリリースを発表しているが、延期の具体的な理由については明らかにしていない。プレスリリースではフランスの開発会社ナコン、旧社名ビッグベン・インタラクティヴとの共同開発と販売提携についても発表している。

デーダーリック・エンターテインメントは新たなパートナーシップにより「新世代家庭用ゲーム機の力を最大限に活用し、作品が『ロード・オブ・ザ・リング』ファンの期待に応えるものとなることを保証する」と述べている。また、スチームのストアページでは本作の発売日については英語で「Lurking until the time is right(ふさわしい時が来るまで潜伏中)」と記載されている。

『ロード・オブ・ザ・リング:ゴラム』はゴラムを主人公にしており、ゴラムが指輪を取り戻す内容のステルス・アドベンチャーであるとされている。プレイヤーは二重人格を持つゴラム、別名スメアゴルを操作し、ゴラムのプレイスタイルは人格によって異なるのだという。ゴラムは暴力的で意地悪で攻撃的だが、スメアゴルは理性をある程度維持している。

作品では暗黒の塔の下で奴隷として過ごしていた頃やゴラムが暮らす闇の森までエルフ達と一緒に冒険するストーリーなどが描かれる。プレイヤーの決断がゲームに影響し、状況により様々なアプローチが可能となるという。ゴラムは邪悪な人格のままであるかスメアゴルに戻っているかにより、敵の倒し方が異なるという。

『ロード・オブ・ザ・リング:ゴラム』は当初、今年の発売が予定されていた。デーダーリック・エンターテインメントは2020年1月の時点で、本作が2021年の発売となると『エッジ』とのインタヴューで明らかにしていた。

本作はプレイステーション5とXboxシリーズX|Sのほか、プレイステーション4、Xbox One、PCでも発売となる予定となっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ