Photo: Oculus

フェイスブック傘下のVRヘッドセット・ブランド「オキュラス」は同ブランドのウェブサイトでヘッドセット「リフトS」の販売終了を発表している。

フェイスブックは今年4月にVR/AR関連情報サイト『アップロードVR』の取材に対して「在庫がなくなっても補充はしません」と回答するなど、「リフトS」の販売が間もなく終わることを示唆する発言をしていた。

「リフトS」の後継商品となる「オキュラス・クエスト2」はスタンドアローン型のPC対応VRヘッドセットで、別売りの専用ケーブルを使って互換性のあるPCとヘッドセットを接続できるようになっている。

『PCゲーマー』によると、新たにリリースされる「オキュラス・クエスト2」で「より解像度が高いディスプレイ、より速いリフレッシュレート(モニターが1秒間に画面を更新する回数)、より高いフレキシビリティ」を実現できるが、使用にあたってフェイスブックへのログインが必要となるため、多くのユーザーが敬遠しているという。

フェイスブックのAR/VR部門であるフェイスブック・リアリティ・ラボは、レゾリューション・ゲームズが開発した『ブラストン』を皮切りにヘッドセット限定広告を6月中旬から配信していた。

この広告配信はわずか数日で取り消されることとなり、レゾリューション・ゲームズは次のように述べている。「プレイヤーからのフィードバックを受け、『ブラストン』はこの種の広告テストには向いていないと判断しました」

雑誌『エッジ』の元編集長でゲーム・コンサルタントのネイサン・ブラウンは自身のニュースレター「ヒット ポインツ」の中で、ゲーム内の広告展開は「効率的な収益化の手段」ではあるものの、ユーザーが広告を見るだけではなく広告と「共存」することになるVRでは、従来のゲーム機器よりもプレイの妨げになると述べている。

その他のニュースとして、スウェーデンのインディ・スタジオのシャークモブが今後発売予定のバトルロイヤル・ゲーム『ヴァンパイア:ザ・マスカレード ブラッドハント』のプレイに必要な技術仕様に変更を加えている。

このゲームをプレイするには「エヌビディア GTX 1070」または「レイディオン RX 5600」のグラフィックカードが必要となっており、プレイ環境にはSSDの使用が推奨されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ