Photo: Behaviour Interactive

『デッド バイ デイライト』では5周年記念イベントとスチーム恒例のサマー・セールが重なったことで、同時接続プレイヤー数が10万人を超えたことが明らかとなっている。

『デッド バイ デイライト』はカナダのゲーム開発スタジオであるビヘイヴィア・インタラクティヴが開発した非対称型のホラー・ゲームで、スチーム・データべースによると、イギリス現地時間6月30日に同時接続プレイヤー数が過去最多となる105,093人を記録している。

同時接続プレイヤー数の記録は『デッド バイ デイライト』5周年記念のイベント中に更新されており、ゲーム内では5周年を記念したチャレンジや限定スキンなどが追加されている。

記念イベントは7月15日まで開催され、プレイヤーは5周年記念の「王冠スキン」を入手することができ、コミュニティ・チャレンジでは新たな「魔除け」やスキンを獲得できる。

また、イベント期間中にログインすると、ボーナスとして9000シャード(ゲーム内通貨)と50万ブラッドポイント(殺人鬼や生存者のパークやアイテムをアンロックできるポイント)がプレゼントされる。

「デイヴィッド・キング」や「レイス」の新たなスキンを含む、5周年記念イベントの詳細はスチームのコミュニティで紹介されている。

さらに、スチームではサマー・セールの一環として『デッド バイ デイライト』が現在40%オフになっており、通常だと1980円のところ1188円に割引されている。本作の割引セールは記念イベントの終了日の7月15日までとなっている。

その他のニュースとして、イド・ソフトウェア社は1人称シューティング・ゲーム『ドゥーム エターナル』に追加を予定していたマルチプレイの「侵入モード」の開発が中止となり、代わりに「全く新しいシングル・プレイヤー向けのホード・モード」を導入することを明らかにしている。

エグゼクティヴ・プロデューサーのマーティ・ストラットンは声明の中で「パンデミックやリモート・ワークという想定外の出来事が、追加コンテンツの開発に影響を与えました。これまでの間に、多くの皆様が拡張ダウンロード・コンテンツをはじめ『マスター・レベル』で利用できるようになったゲームプレイや戦闘を楽しんでくださっていることを実感しています」と述べている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ