Photo: Sucker Punch

サッカー・パンチ・プロダクションズはプレイステーションの公式ブログで、今年8月にプレイステーション4および5向けに『ゴースト・オブ・ツシマ ディレクターズカット』を発売すると発表している。

7月2日のブログ記事によると『ゴースト・オブ・ツシマ ディレクターズカット』の詳細が公開されている。ディレクターズカット版には「プレイステーション5版だけの新機能」や「新たな探索エリア」が追加される同作にはオリジナル版とこれまでに販売されたすべてのダウンロード・コンテンツに加えて、主人公「仁」の新たな旅の物語として“壱岐島”(いきのしま)を舞台にした「壹岐之譚」が収録される。

公式ブログでは新しい物語について次のように紹介している。「物語は、蒙古が襲来したという噂を確かめるべく仁が壱岐へと向かうところから始まります。しかしほどなくして、壱岐の民と新たな敵との間の戦に巻き込まれ、かつて目の当たりにした悲劇を思い出すことに……。」

「壹岐之譚」では新たなキャラクターや探索エリアが登場し、防具、ミニゲーム、技、敵、トロフィーなども追加されているという。

同作はプレイステーション4および5の両方でプレイできるが、一部の新機能はプレイステーション5でのみ利用可能となっていることが公式ブログで明らかになっている。プレイステーション5向けの機能には、日本語音声のリップシンク、ロード時間の短縮、4K解像度オプション、60fpsをターゲットとしたフレームレートの向上などが含まれている。

プレイステーション4版の『ゴースト・オブ・ツシマ』を購入済みのプレイヤーは、2200円(税込)でディレクターズカット版にアップグレードすることができる。また、プレイステーション5版へアップグレードする場合は3300円(税込)となっている。いずれも8月20日からダウンロードが可能になる。

オリジナル版『ゴースト・オブ・ツシマ』について『NME』のレヴューでは、「このオープンワールド型ゲームはよくできていて中毒性がある」としながらも、機能や物語にはスムーズなプレイを妨害するようないくつかの問題点があるとしていた。今回のアップデートではその両方が改善されるという。

その他のニュースとして、『トータル・ウォー:ウォーハンマー2』が近日配信予定のダウンロード・コンテンツである「サイレンス・アンド・フューリー(The Silence And The Fury)」新ユニットを紹介するトレイラー動画を公開している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ