Photo: Blizzard Entertainment

ブリザード・エンターテイメント社はアクションRPGシリーズの最新作『ディアブロ IV』のキャラクターのカスタマイズ要素がシリーズで最も多彩となることを明らかにしている。

『ディアブロ IV』のアート・ディレクターを務めるジョン・ミュラーは四半期ごとに更新される開発者ブログの中で、本作のキャラクターのカスタマイズが『ディアブロ』シリーズにとって「全く新しいもの」であり、単一のキャラクターを選択するのではなく、「何百ものコンポーネント化されたアーマーセットや様々な体格のタイプ、何十種類もの個性的な顔、そして5つの初期クラスによって完全に異なるアート」をカスタマイズできると説明している。

同社は『ディアブロ』シリーズの公式Youtubeチャンネルで、『ディアブロ IV』に登場するキャラクターのスローモーション映像を公開しており、カスタマイズされた様々なアーマーやキャラクターの様子が明らかとなっている。

また、リード・キャラクター・アーティストのアルノー・コテルニコフは公式ブログで、プレイヤーが自分のキャラクターに変更を加えられる要素について解説している。「プレイヤーが変更できる要素として、顔、髪型、髭や眉などがあるほか、さらに装飾品(鼻ピアスやイヤリング)、化粧、そしてタトゥーやボディペイントといった体の装飾があります」

その他にも、キャラクターの皮膚、瞳、髪、髭、眉、「体の装飾」の色なども変更できるという。本作には改善された「染料システム」が導入されており、アーマーの色もカスタマイズできるようになっている。

公式ブログの最後に、キャラクター担当アソシエイト・アートディレクターのニック・チラーノは血みどろでゴシック風の「ブラッド・ビショップ」のほか、「スケルトン・ロード」、「スパイダーホスト」、「サキュバス」など、本作に登場するモンスターの映像やスクリーンショットを数多く公開している。

『ディアブロ IV』の発売日は現時点では未定となっており、2021年2月に開催されたゲーム・イベント「BLIZZCON(ブリズコン)2021」では年内には発売しないと発表されていた。

一方、ハック・アンド・スラッシュ・ゲームの代表作のリマスター版となる『ディアブロ II:リザレクテッド』は2021年9月24日に発売となることが先日発表されている。

リマスター版はPC、プレイステーション4、プレイステーション5、Xbox One、XboxシリーズX/S、Nintendo Switchで発売され、事前に予約すると2021年8月に実施されるオープン・ベータ・テストへの先行アクセス権がついてくるという(ただしNintendo Switchを除く)。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ