Photo: Square Enix

『ファイナル・ファンタジーXIV』の開発チームは7月10日に7回目となる「14時間生放送」を配信することを発表し、併せてタイムテーブルを公開している。

放送プログラムの1つであり、プロデューサーの吉田直樹がお届けする「プロデューサーレターLIVE」では、『ニーア』シリーズのクリエイターとして知られるヨコオタロウと齊藤陽介がゲストとして登場する。

プレイヤーとコミュニティ・チームのスタッフが様々なコンテンツに挑戦する生放送ゲームプレイ「ハイデリン探検隊」や、ライブQ&A、サウンド・ディレクターの祖堅正慶が『ファイナル・ファンタジーXIV』のBGMについて解説するプログラムも予定されている。

さらに放送の後半部では、日本の芸能人を招いて座談会を行うプログラムも用意されている。

放送は7月10日(土)午前10時からYouTubeとツイッチで配信され、タイムテーブルとしては最初に1時間の「オープニング」を予定している。

先日、11月にリリース予定の最新拡張パッケージ「暁月のフィナーレ」の新たな情報が公開されたため、今回の放送でアップデートに関して発表される可能性は低いと見られているものの、ファンにとっては楽しみな内容となっている。

なお、「プロデューサーレターLIVE」では先日発表された新ジョブ「リーパー」や、新たに「プレイアブル種族」となる「ヴィエラ族の男性」についてのレヴューが予定されおり、この際に最新情報が公開される可能性もあると見られている。

また、同プログラムではヨコオタロウや齊藤陽介が『ニーア』シリーズをテーマにしたアライアンス・レイドの「ヨルハ:ダークアポカリプス」について振り返り、公式フォーラムでは放送中に答えてもらいたい質問を受け付けている。

関連ニュースとして、『ファイナル・ファンタジーV』と『ファイナル・ファンタジーVI』は7月27日にスチームでの配信が停止され、代わりにピクセルリマスター版が配信されることが明らかになっている。スクウェア・エニックスは『ファイナル・ファンタジー ピクセルリマスター』を「E3 2021」の配信イベントで発表しており、本作は『ファイナル・ファンタジー』シリーズの名作6作品を含む完全リマスター版となる。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ