Photo: Epic Games

イギリスの名門サッカー・クラブ「マンチェスター・シティFC」のeスポーツ部門が、『フォートナイト』のプロ・プレイヤーを募集している。

エントリー希望者はこちらのフォーム(https://www.mancity.com/fortnite)に必要事項を入力し、『フォートナイト』のプレイ映像を2分以内の動画にまとめたリンクを貼り付ける必要がある。なお、応募は16歳以上を対象としている。マンチェスター・シティFCのeスポーツ・チームはこれまでエレクトロニック・アーツが手掛ける『FIFA』シリーズを中心に活動してきたが、今回の公募でeスポーツ部門での取り組みは拡大することとなる。

同クラブのeスポーツ・チームは今年開催された「eプレミアリーグ2020-2021」で優勝している。同チームに所属するシェルズ(Shellzz)ことショーン・スプリンゲットはリーズ・ユナイテッドFCのEスポーツ・チームに所属するオーレリート(Ollelito)ことオーレ・アルビンをPK戦で破り、同バーチャル・リーグでチャンピオンに輝いている。

マンチェスター・シティFCの公式サイトで、ショーン・スプリンゲットは次のように述べている。「この喜びは言葉では言い表せません。ここに来るまで長い道のりでしたが、『eプレミアリーグ』のチャンピオンを名乗ることができ、本当に嬉しいです」

「対戦相手のオーレリートはXboxで世界ランキング5位なので、彼が相手では厳しい戦いになると思っていましたが、私はとても良いプレイをすることができました。試合では数々の心理戦が展開されましたが、努力が報われました」

「シティ・ソロズ・ハント」と呼ばれる採用をかけた独自の試合で優勝した選手は、マンチェスター・シティFCを代表する史上初のプロの『フォートナイト』選手となる。応募要項ではツイッチ、インスタグラムまたツイッター経由で動画を提出する形式となっていることから、同クラブは単に大会でチャンピオンになる人材ではなく、クラブに貢献するパーソナリティとなる人物を求めていることがうかがえる。

マンチェスター・シティFCはウルヴズ、ASモナコ、シャルケ04など、『FIFA』以外のeスポーツ・チームを所有するサッカークラブの仲間入りを果たすことになる。

バトルロイヤル・ゲームの関連ニュースとして、『プレイヤーアンノウンズバトルグラウンズ』、通称『PUBG』の著名な情報提供者として知られるPlayerIGNによれば、プレイヤーが瀕死状態に陥ったときに自分自身を回復させることができる新要素が同作品に登場するという。また、この要素を含むファイル自体は2018年からゲーム内に存在していたことから、この要素はかなり前からゲーム内で登場する可能性があったことが示唆されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ