Photo: Daniel Boczarski/WireImage

エレクトロニック・アーツは独自の自社オンライン・イベント「EAプレイ・ライヴ 2021」に関する新たな情報を発表している。

同社は6月23日にツイッターで、日本時間7月23日午前2時からプレショーを開催することを発表しており、プレショーの後に本配信が始まると見られている。現時点では、プレショーの放送時間は明らかになっていない。

続くツイートで、アメリカのプロレスラーであるエグゼヴィア・ウッズがプレショーでホスト役を務めることも明らかにしている。エグゼヴィア・ウッズはアメリカのプロレス団体に所属する人気選手で、オースティン・クリードのリング名でも知られている。

エレクトロニック・アーツは当初、「EAプレイ・ライヴ 2021」の開催を5月に予定していた。「EAプレイ・ライヴ」は、世界最大のゲームイベント「E3」と同じ6月に開催されてきたが、今回は例年より1ヶ月遅れの7月に開催予定となっている。ここ数年同社は「E3」に参加しておらず、代わりに「E3」の日程付近で独自のイベント「EAプレイ」を開催していた。

イベントでどのようなゲームを取り上げるのか現時点では明らかになっていないが、同社は「定評のあるタイトルの復刻」に取り組んでいることが報じられている。日本のゲーム情報を紹介するニュースサイト『ゲーマツウ』によると、復刻が噂されている作品はSFホラー・アクション・ゲーム『デッドスペース』シリーズであると見られている。また『VGC』は「EAプレイ・ライヴ 2021」で発表される可能性があると伝えている。

『デッドスペース』シリーズは、2013年に発売された『デッドスペース3』が今のところ最新作となっている。本作はエレクトロニック・アーツの期待する売上を達成できなかったため、それ以降の制作は見送られていた。

『デッドスペース』のリメイク版はエレクトロニック・アーツの子会社であるモティーヴ・スタジオが制作していると報じられており、同スタジオは『スターウォーズ:スコードロン』の開発を指揮したことで知られている。『スターウォーズ:スコードロン』は2020年10月に発売されている。『NME』のジョーダン・オロマンは本作について「満足できる宇宙戦闘機のシミュレーション・ゲーム」と4つ星の評価をつけている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ