Photo: Sucker Punch Productions

PS4版『ゴースト・オブ・ツシマ』の新しいパッケージでは「only on Playstation(プレイステーション限定)」の文字が削除されており、『ゴースト・オブ・ツシマ』がプレイステーションの独占タイトルでなくなるのではないかと噂されている。

サッカーパンチ・プロダクションズとソニー・インタラクティブ・エンタテインメントが手掛け、高い評価を得ているアクション・アドベンチャー・ゲーム『ゴースト・オブ・ツシマ』のパッケージ・デザインが、アマゾンとプレイステーション・ダイレクトで更新されている。

『VGC』によると、最も注目すべき変更点は「Only On PlayStation(プレイステーション限定)」という記載がなくなっていることだという。

これを受けて『ゴースト・オブ・ツシマ』がプレイステーション独占タイトルでなくなるのではないかという当然の憶測が生まれており、ソニー・インタラクティブ・エンタテインメントのこれまでの動きを考えると、追加されるプラットフォームとしてはPCが有力視されている。このような変更は初めてのことではない。

以前はプレイステーション独占タイトルだった『デイズ ゴーン』と『ホライゾン ゼロ・ドーン』は、PC版に移植される前に「Only On PlayStation」という記載が削除されたパッケージに変更されていた。『ゴースト・オブ・ツシマ』もこの流れに続くことを示唆している可能性がある。

また、この記載は『スパイダーマン:マイルズ ・モラレス』や『リビッツ! ビッグ・アドベンチャー』など、プレイステーション4やプレイステーション5版として発売されたゲームでは使用されていないため、『ゴースト・オブ・ツシマ』が次世代家庭用ゲーム機版で発売されることも考えられる。

さらに、ソニー・インタラクティブ・エンタテインメントはプレイステーション5の独占タイトルにはこの記載を掲載していない。しかし、既に発売済みのゲームのパッケージを新しく変更することは単なるブランディングのためではないと見られる。

プレイステーション・スタジオの責任者であるヘルマン・フルストは、最近プレイステーションの公式ブログで次のように述べている。「PC版についての計画はまだ初期段階にあります」

「『ホライゾン ゼロ・ドーン』は大きな成功を収めています。これはプレイステーションを使用していないプレイヤーたちが、プレイステーションのファンが長年楽しんできた、素晴らしいゲーム作品群をプレイしたいと望んでいることを示していると思います」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ