Photo: Rockstar Games

テイクツー・インタラクティヴとロックスター・ゲームスは、オンライン版の『グランド・セフト・オートV』通称『GTAオンライン』のチート・ツールを提供していたことで知られていた会社を閉鎖させたことが明らかになっている。

『GTAオンライン』のチート・ツールの提供で人気となったルナチーツは開発元であるテイクツー・インタラクティブとの「協議」を経て、先週末に閉鎖となっている。ルナチーツはツールの保守、開発、配布は今後一切しないとし、ウェブサイトを完全に遮断している。また、『GTAオンライン』のコミュニティに謝罪を述べ、収益の全額をテイクツー・インタラクティヴが指定した慈善団体に寄付するとしている。

「テイクツー・インタラクティヴとの協議の結果、私たちはチート・メニュー・サービスの保守、開発、配布を直ちに中止致します」とルナチーツは述べている。「また、収益はテイクツー・インタラクティヴが指定する慈善団体に寄付致します。当社のソフトウェアが『グランド・セフト・オート・オンライン』のコミュニティの皆様にもたらした問題のすべてについて謝罪致します」

『PCゲームズN』の報道によれば、ルナチーツのサービスは第三者の販売サイトからも削除されているという。当該のチート・ツールによりプレイヤーは「神モード」になったり、透明になったり、ロビーから他人を蹴ったりすることが可能となっていた。

また、ルナチーツはサービスを閉鎖したものの『GTAオンライン』のチート・ツールを開発したことにより処罰を受ける可能性があると報じられている。『PCゲーマー』によると、テイクツー・インタラクティブは以前『GTAオンライン』のチート・ツール「イルーシヴ」を販売していたジョニー・ペレスに対して販売が中止された後も2019年に生じた被害を巡り損害賠償金15万ドル(約1,560万円)の支払いを求めていた。

その他の『GTAオンライン』のニュースとしては、ロックスター・ゲームスはソロプレイにまもなく多くのコンテンツが追加されると発表している。『GQ』のインタヴューで、ゲームのデザイン・ディレクターであるスコット・ブッチャードはソロプレイの追加コンテンツについて「長い間、我々が気にかけていたこと」であったと述べている。

「それは我々が積極的に推し進めたいと思っていたことでした」と続けている。「他のプレイヤーとのチームプレイや協力プレイこそが良いのだという意見も尊重します。しかし、ソロ・プレイでも同様に感動的な体験が可能となり、どちらのプレイでもメリットが存在するようになります」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ