Photo: Microsoft

マイクロソフトは2020年に「XboxシリーズX」の形を模した冷蔵庫をプレゼントするキャンペーンを実施していたが、同じデザインのミニ冷蔵庫を2021年末に製品化することを開催中の「E3 2021」で発表している。

2019年のザ・ゲーム・アウォーズで「XboxシリーズX」が初公開された後、その形が冷蔵庫に似ているというネタ画像がネット上で広く拡散されていた。

今回公開された動画では「ついに製品化しました」と紹介されており、商品名「Xboxミニ・フリッジ(冷蔵庫)」には「Xbox急速冷却構造」が搭載されているという。

サイズなどの詳細は明らかになっていないものの、最大で350ml飲料缶10本程度が収納できるものとみられている。

マイクロソフトはさらに「E3 2021」で拡張コンテンツ『シー・オブ・シーヴス:ア・パイレーツ・ライフ』を6月22日に配信すると発表している。同コンテンツは海賊アドベンチャー・ゲーム『シー・オブ・シーヴス』と映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのコラボレーションとなっており、「壮大なストーリーが展開されるキャンペーン」になるという。

同社は今後「Xboxゲーム・パス」で提供される予定のゲームのリストも公開している。

そのリストによると、ローグライク・ゲーム『ハデス』が「Xboxゲーム・パス」に追加されることが明らかになっている。同作はスーパージャイアント・ゲームズが制作したギリシャ神話をモチーフにしたゲームとなる。2018年にアーリー・アクセス版、2020年に正式版がリリースされたこの作品には自動生成技術が導入されており、多くのゲーム賞を受賞してきている。

また、ベセスダ・ソフトワークスは「E3 2021」で新作SFオープンワールドRPG『スターフィールド』を初公開している。同タイトルはXboxシリーズX/SとPC向けに2022年11月11日に発売予定となっており、「Xboxゲーム・パス」でも同時にリリースされるという。

2021年の今冬に発売されるSFシューティング・ゲーム『ヘイロー・インフィニット』はクロスプレイに対応し、マルチプレイヤー・モードが「フリー・トゥ・プレイ」で提供されることが明らかになっている。公開されたトレイラー動画では「キャプチャー・ザ・フラッグ」モードの様子が紹介され、本作には「マスターチーフ」が使用する装備としてワイヤーを発射する装置「グラップルショット」が登場し、使用すると高い場所に素早く移動できるようになることが明らかになっている。

なお、マルチプレイヤー・モードはXboxシリーズXでフレームレートが120fpsで動作するという。

「E3 2021」では今後も任天堂などの企業が発表を予定している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ