Photo: Amazon

アマゾンのゲーム開発部門であるアマゾン・ゲームズは、無料オンラインRPG『ロストアーク』を今秋にアメリカとヨーロッパ市場向けにもリリースすることを発表している。

このゲームは韓国のスマイルゲートRPGが開発を手掛け、現在は韓国、日本、ロシア市場でのみリリースされている。

『ロストアーク』は「アークラシア」という世界が舞台となり、プレイヤーは15種類の「クラス(職業)」(日本では現在14種類だが6月23日のアップデートで15種類になる予定)から自分のキャラクターの「クラス」を選択して、スピード感のある戦闘に挑むことになる。また、強化したいキャラクターのスキルを選択できる「トライポッド」と呼ばれるシステムや、ダンジョンでの探索や海を航海するコンテンツのほか、作物の収穫や素材を集めて道具を制作する要素も導入されている。

アマゾン・ゲームズでヴァイス・プレジデントを務めるクリストフ・ハートマンは次のように述べている。「スマイルゲートRPGは何年も継続してプレイしたくなるような素晴らしいオンライン・ゲーム『ロストアーク』を開発しました。このアクションRPGをアメリカとヨーロッパの皆様に初めてお届けすることができるのを、光栄に思います」

アマゾン・ゲームズはスマイルゲートRPGと協力し、アメリカとヨーロッパ向けに本作が英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語に対応するように取り組んでいる。

スマイルゲートRPGの最高経営責任者であるチ・ウォンギルは次のように述べている。「私たちはアマゾン・ゲームズと密接に連携し、欧米に向けて新たな『ロストアーク』のプレイヤー層を拡大させていきます。アマゾン・ゲームズは『ロストアーク』を新たなプレイヤーたちに紹介する最適なパートナーであり、本作と新たなプレイヤーたちとの繋がりはツイッチやプライム・ゲーミングといったアマゾンが所有するプラットフォームを通じて深まっていくことでしょう」

また、ゲーム業界の重鎮であるジョン・スメドレーが率いるアマゾン・ゲームズのサンディエゴ・スタジオ、および、人気タクティカル・シューター『レインボーシックス シージ』を開発したコアチームが開設メンバーとなっているモントリオール・スタジオでは、オリジナル・ゲームの開発プロジェクトが進行しているという。

なお、『ロストアーク』の欧米向け公式サイトでサインアップを済ませると、欧米版や今夏に配信されるベータ版の最新情報を掲載したニュース・レターを受け取ることができる。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ