Photo: Activision

アクティヴィジョン社は『コール オブ デューティ:ウォーゾーン』のシーズン4が来週から配信されることを発表している。

本日6月11日から開催されているオンラインイベント「サマー・ゲーム・フェス 2021」で発表され、『コール オブ デューティ:ウォーゾーン』が次のシーズンに向けて再び大きく進化し、より多くの武器や復帰マップ、さらにゾンビ・モードのファン向けに新しいゾンビ・コンテンツを導入することが明らかになっている。

新たに追加されるマップとして「コラテラル」、「アムステルダム」、「ハイジャック」が予定されている。『ウォーゾーン』のワールドシリーズもさらに拡大し、ゲーマー・タグ「Captain Swagg」、「Dandangler」、「Nadeshot」、「TimtheTatMan」、「Aydan」で知られるおなじみのツイッチ・ストリーマーやインフルエンサーたちで構成された5人の新キャプテンが登場することも発表されている。

「本作には新しいコンテンツが満載です。『コールドウォー』と『ウォーゾーン』には、新しい武器や新しいマップ、優れたオペレーターが登場します」とアクティヴィジョン・ブリザード社で『コール オブ デューティー』担当ジェネラル・マネージャーを務めるジョアンナ・ファリーズは述べている。

「コール オブ デューティーを愛するファンの皆さまに新マップ『グラグ(GULAG)』や今回の無料コンテンツ・アップデートで追加される新しいゾンビ・コンテンツを少しお披露目することができて、感激しています」

『コール オブ デューティ:ウォーゾーン』シーズン4は来週6月17日から正式に配信が開始される。また、シーズン3のバトル・パスが終了するため、アイテムを追加したい場合は次の週を戦場で過ごすことになる。

『コール オブ デューティ:ウォーゾーン』シーズン4のストーリーは6月9日に公開された新たなカットシーンで、敵役の「スティッチ」と「レイス」の詳細に加え、「アフリカの男」が登場することが予告されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ