Photo: Electronic Arts

エレクトロニック・アーツはイギリスの田舎を舞台にした『ザ・シムズ4』の新たな拡張パックを準備していると見られている。

エンターテインメント・ウェブサイト『ゲームスレーダープラス』によると、『ザ・シムズ4』をプレイしている人気インフルエンサーやコンテンツ・クリエーターたちの元に、「ヘンフォード・オン・バグリー」という『シムズ』の架空の町からポストカードが届いているという。

『ザ・シムズ』のゲーム・コミュニティで有名なインフルエンサーであるKayla(@lilsimsie)は、「今日、旧友から知らせが届いた!」というキャプションを付けて、ツイッターにポストカードの画像を投稿している。

ハガキをよく見ると、拡張パックと思われるイラストが描かれており、裏面には「countryside(田舎)」の記述と「A & A Crumplebottom(​クランプルボトム家より)」のサインがあり、『ザ・シムズ2』を代表するファミリーが再び帰ってくるとみられている。

このハガキによると、新しい拡張パックのトレイラー動画は日本時間6月11日午前1時に公開され、『ザ・シムズ』の公式YouTubeチャンネルで視聴することができる。

『ザ・シムズ』のプレイヤーやファンはこの拡張パックにより、かねてから要望の多かった農業がついにゲームに導入されるのではないかとネット上では期待が寄せられている。

『ザ・シムズ4:スノーウィー・エスケープ』は、昨年10月に発売された拡張パックとなっており、日本の住居や行楽地をモチーフにしている。『スノーウィー・エスケープ』では新名所の「コモレビ山」、スノーボードやスキーなどのスリル満点のスノースポーツ、温泉やお寺などが登場している。

6月2日には『ザ・シムズ4』に最新の拡張パック『ドリーム・ホーム・デコレーター』が追加されており、プレイヤーはインテリア・コーディネーターとして他の住人の家を改装できるようになっている。

昨年、エレクトロニック・アーツは開発元のマクシスが『シムズ5』を開発中であることを発表している。2020年度第3四半期の業績説明の中で、最高経営責任者であるアンドリュー・ウィルソンも『ザ・シムズ』の新シリーズについて触れており、続編にはマルチプレイ対戦モードが追加される可能性があると述べている。

その他のニュースとして、『バトルフィールド6』の速報では、近未来的な乗り物やセットが紹介されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ