Photo: Insomniac Games

インソムニアック・ゲームズが開発したプレイステーション5専用タイトル『ラチェット&クランク:パラレル・トラブル』 のダウンロード・サイズが判明している。

ツイッター・アカウントの『プレイステーション・ゲーム・サイズ』によれば、6月11日に発売予定の『ラチェット&クランク:パラレル・トラブル』の最小ダウンロード・サイズが約33GBであることが明らかになっている。同アカウントはプレイステーション対応ゲームのダウンロード・サイズをファンに知らせることを目的としており、プレイヤーは事前にストレージの管理を計画することできる。

ダウンロード版ゲームの容量はより大きくなる傾向にあるため、この情報は参考になるだろう。

本作はインソムニアック・ゲームズが手掛ける『マーヴェル・スパイダーマン・リマスター』で採用された技術を用いて圧縮された状態でダウンロードされるため、告知していた情報よりも約9GB小さく圧縮することに成功している。

同社のコミュニティ・ディレクターであるジェームズ・スティーブンソンも、ツイッターでダウンロードに必要な容量について言及している。ファンからは美麗なグラフィックを実現したアクション・ゲームでありながら、そのダウンロード・サイズの小ささに驚きの声が上がっている。

ジェームズ・スティーブンソンは、あるコメントに次のように答えている。「プレイステーション5専用ゲームでは、圧縮技術や内臓SSDの影響でサイズが小さくなっています」

最近の『ラチェット&クランク:パラレル・トラブル』のニュースとしては、新しいゲームプレイのトレイラー動画の公開を受けて、多くの開発者たちからヴィジュアルに対する賞賛の声が寄せられている。

同社のプリンシパル・デザイナーを務めるドルー・マリーは「ビデオゲーム史上、最高のヴィジュアルを実現している。以上」と述べている。彼は、インソムニアック・ゲームズにプリンシパル・デザイナーとして再入社しているが、『ラチェット&クランク:パラレル・トラブル』の開発には携わっていない。

また、アクティヴィジョン社やノーティードッグ社でマーケティング・コミュニケーションを担当したスコット・ロウは次のように述べている。「現代のAAAゲームの中で、ゲームプレイがこれほどまでに映画のようなヴィジュアルで再現された作品を見たことがありません」

インソムニアック・ゲームズの関連情報としては先日、ソニー・インタラクティブ・エンタテインメントがXbox専用タイトルだった『サンセット・オーバードライブ』の商標を登録している。

インソムニアック・ゲームズが手掛けたアクション・アドベンチャーゲーム『サンセット・オーバードライブ』は2014年10月にXbox One向けに、2018年にPC版が発売されている。2019年にはソニー・インタラクティブ・エンタテインメントが開発元のインソムニアック・ゲームズを買収している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ