Photo: 11 bit studios

建築・サバイバルゲームの『フロストパンク』が6月3日から10日までエピック・ゲームズ・ストアに無料ゲームとして登場している。

エピック・ゲームズ・ストアがツイッターで発表したように、この都市構築型サバイバルゲームは6月10日までの間、無料で入手できるようになっている。

『フロストパンク』は、ポーランドのゲーム開発会社である11ビットスタジオが手掛けた社会派サバイバルゲームとなっている。プレイヤーは地球上最後の都市の統治者となって住民やインフラを管理し、コミュニティが生き延びるためにあらゆる決断を下し、それに伴う代償を体験することになる。

本作は2018年4月にPC版がリリースされ、翌年10月にはプレイステーション4版とXbox One向けが発売されている。本稿執筆時点では評価・レヴューサイト『メタクリティック』で84点のレヴュアー評価を得ており、世界市場向けに300万枚の出荷を記録している。

先月、開発元の11ビットスタジオは中国のネット関連サービスプロバイダであるネットイースのオンライン・ゲーム部門と提携し、『フロストパンク』のモバイル版を開発することを発表している。モバイル版は、2021年中に提供が開始されると見られている。

エピック・ゲームズ・ストアは「火の中に街を作っても、いずれは灰になってしまいます。地球上最後の都市を守るためにあなたは何をしますか? その過程であなたは何になるのでしょうか?」とツイートしており、次のように続けている。

「ついに解禁です。フロストパンクは6月10日まで無料でダウンロードすることができます」

今月はこれまでのところ、多くのゲームが無料で提供されている。特にフランスのゲーム会社であるドントノッド・エンターテインメント社は、プライド月間を記念して、超自然現象を利用したナラティブ・アドベンチャー・ゲーム『テル ミー ホワイ』を無料で提供することを決定している。

『バトルフィールド 4』についても、アマゾンプライム・ゲーミングの加入者は無料でプレイできるようになっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ