Photo: Square Enix

6月10日にリリースされるプレイステーション5版『ファイナル・ファンタジーVII リメイク インターグレード』の発売に先立って、プレイステーション4専用ソフト『ファイナル・ファンタジーVII リメイク』には次世代機向けにセーブデータを移行できるアップグレードが配信されている。

配信された「アップデート1.02」により、『ファイナル・ファンタジーVII リメイク』のセーブデータを専用ネットワークにアップロードできるようになっている。

これにより、6月10日の発売日以降は『ファイナル・ファンタジーVII リメイク インターグレード』で継続してセーブデータを使用できるようになる。

『ファイナル・ファンタジーVII リメイク』のメニュー場面には「セーブ・データ・アップロード」というオプションが追加されており、プレイヤーはこのオプションでプレイステーション5版用にアップロードしたいセーブデータを選択することができる。

オリジナル版であるプレイステーション4版『ファイナルファンタジーVII リメイク』を持っているプレイヤーは、オンライン上でプレイステーション5版に税込100円でアップグレードすることができる。

ただし、「プレイステーション・プラス」で3月から提供されていた『ファイナル・ファンタジーVII リメイク』のフリープレイ版はアップグレードの対象外となっている。

『ファイナル・ファンタジーVII リメイク インターグレード』は、2020年に発売され、数々の賞を受賞した『ファイナル・ファンタジーVII リメイク』のプレイステーション5向けヴィジュアル強化版となっており、ファンに人気のキャラクターである「ユフィ・キサラギ」を主人公とした新規エピソードの「エピソード・インターミッション」が追加されている。

なお、プレイステーション4版からプレイステーション5版にアップグレードした場合、新規エピソードのプレイには「プレイステーション・ストア」で別途購入(税込2178円)する必要がある。

『ファイナル・ファンタジーVII リメイク インターグレード』は、発売から少なくとも6ヶ月間はプレイステーション5の専用ソフトとして販売される予定となっており、他のプラットフォームへの展開についてスクウェア・エニックスはまだ明らかにしていない。

関連ニュースとして、『ファイナル・ファンタジーXIV』の最新拡張パッケージである『暁月のフィナーレ』は2021年11月23日にリリースされることが明らかとなっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ