Photo: Activision / Tencent

中国ネットサービス大手のテンセントは、『コール・オブ・デューティ・オンライン』の中国での提供を今年の8月いっぱいで終了することを発表している。

このニュースはゲーム業界のアナリストであるダニエル・アハマドが5月31日にツイートした内容により明らかになっている。

2015年1月に中国市場向けにリリースされた『コール・オブ・デューティ・オンライン』は、『コール・オブ・デューティ』シリーズ作品である『コール・オブ・デューティ:ブラックオプス』、『コール・オブ・デューティ:ゴースト』、『コール・オブ・デューティ:アドバンスド・ウォーフェア』の要素を取り入れた基本プレイ無料のシューティングゲームとなっている。

同社は『コール・オブ・デューティ・オンライン』の公式サイトを更新し、8月31日までプレイを続けることができることと、プレイヤーには『コール・オブ・デューティー・モバイル』向けのリワードを提供するという(もしくは『コール・オブ・デューティー・モバイル』向けの無料アイテムを提供することで補償するとしている)。

リワードはプレイヤーの「レベル、課金、プレイ状況」によって評価される3階層システムに基づいて提供され、『コール・オブ・デューティ・オンライン』では課金が多いほど、またプレイ時間が長いほど、プレイヤーはより高い階層の報酬を得ることができるようになっている。

『コール・オブ・デューティ:モバイル』は、ティミ・スタジオ(天美工作室群)が開発し、アクティヴィジョンがAndroidとiOS向けにリリースした基本プレイ無料のファーストパーソン・シューティングゲームとなっている。2019年に世界に向けてリリースされたが、中国での発売は2020年12月まで延期されていた。

『コール・オブ・デューティ:モバイル』には『コール・オブ・デューティ』シリーズの様々なマップや武器、銃器が登場している。2021年5月現在、『コール・オブ・デューティ:モバイル』は5億回以上ダウンロードされ、10億ドル以上の収益を上げている。

先月掲載されたアクティヴィジョンの求人情報を見ると、同社が『コール・オブ・デューティ:ウォーゾーン』のモバイル版を開発中であることがうかがえる。

『コール・オブ・デューティ:モバイル』には、最大100人のプレイヤーが参加するバトルロワイヤルモードがあるが、『コール・オブ・デューティ:ウォーゾーン』のモバイル版では200人のユーザーと対戦が可能になるという。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ