Photo: Microsoft

マイクロソフトは先日発表したXboxライヴ・ゴールドの値上げを撤回している。

昨日発表された最新の声明文でマイクロソフトは「毎日Xboxを利用しているプレイヤーのご期待に応えられなかった」と述べており、現時点では料金設定を変更することはないとしている。

今回の撤回と並行して、マイクロソフトはXboxライヴでプレイできる無料ゲームに関して変更があると発表している。声明では、現在『フォートナイト』のような無料ゲームをXboxライヴでプレイするにはXboxライヴ・ゴールドのサブスクリプションが必要となっているが、今後このサブスクリプションが不要になると伝えている。

マイクロソフトはこの変更が「Xboxライヴをよりプレイヤーの体験を重視したものにする」計画の一環であると述べており、「数ヶ月間で可能な限り早くこの変更を実現する」ように努めるとしている。

当初の発表では、すべてのXboxライヴ・サブスクリプションの料金が全面的に変更となり、英国では1ヶ月プランが6.99ポンド(約994円)から7.99ポンド(約1,136円)に、3ヶ月プランが17.99ポンド(約2,557円)から21.99ポンド(約3,126円)に、6ヶ月プランが29.99ポンド(約4,263円)から42.99ポンド(約6,111円)に値上がりするとしていた。

また、マイクロソフトは当初の発表で、Xboxライヴで料金変更が発生する場合、Xboxライヴのサブスクリプションのメンバーは料金プランが更新される前に45日間メンバーシップの更新を各自で選択できる期間を設けるようにすると約束していた。

この発表と並行して、マイクロソフトは「ゲームズ・ウィズ・ゴールド」の特典として『ギアーズ5』『バイオハザード HDリマスター』『ロスト プラネット2』がプレイ可能となることを発表している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ