Photo: Sega

セガは9月9日に3Dアクション・ゲーム『ソニックカラーズ アルティメット』を発売し、2022年には待望の『ソニック』シリーズ最新作をリリースすることを発表している。

セガは本日5月28日午前1時に『ソニック』シリーズの30周年を記念して配信された番組「ソニック・セントラル」のなかでこのニュースを発表しており、『ソニックカラーズ アルティメット』のゲームプレイを紹介する動画も公開している。

『ソニックカラーズ アルティメット』はXboxシリーズX/S、Xbox One、プレイステーション 4、Nintendo Switch、PC向けに9月9日に発売が予定されている。2010年に発売された『ソニックカラーズ』の完全リマスター版となっており、新たな機能も追加されるという。海外では「ソニック」の声優としてお馴染みのロジャー・クレイグ・スミスがソニックの声を卒業すると今年初旬に発表されていたが、本作のほか、今夏公開予定の短編アニメ『ソニックカラーズ:ライズ・オブ・ザ・ウィスプ』で再びソニックの声を担当することが明らかとなっている。

記念番組の最後に『ソニック』シリーズのクリエイテイブ・オフィサーを務める飯塚隆がセガのゲーム開発部門の1つであるソニックチームは2022年の発売を目指して新作ゲームの開発を進めていることを発表している。

番組では「ソニック」が登場する短いティーザー動画が公開されたものの、作品についてそれ以上の情報は明らかにされていない。なお、今回最もファンを喜ばせるニュースとして『ソニック』シリーズの新作が発表されている。同シリーズは、2017年のアクション・ゲーム『ソニックフォース』以降発売されていなかった。

番組ではその他、病院経営シミュレーションゲーム『ツー・ポイント・ホスピタル』や、東京2020オリンピック公式ビデオゲーム『オリンピック 東京 2020:ジ・オフィシャル・ビデオ・ゲーム』とのコラボレーションについても発表されており、さらに9月24日発売予定のアクション・アドベンチャー『ロストジャッジメント:裁かれざる記憶』に関してはゲーム内のアーケード・ゲームに『ソニック・ザ・ファイターズ』が収録されることが明らかとなっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ