Photo: Square Enix

5月27日に配信された『ドラゴンクエスト』シリーズの特別番組で、シリーズの最新作『ドラゴンクエストXII 選ばれし運命の炎』などの新作ゲームの発売が発表されている。

特別番組は『ドラゴンクエスト』の35周年を記念したものとなり、ゲストとしてシリーズの生みの親であるゲームデザイナーの堀井雄二が登場している。

最新作の詳細は公開されなかったものの、堀井雄二は特別番組の中で、シリーズの従来のターン制バトル・システムに変更が加わり、様々な選択に迫られる、ダークで大人向けの内容になることを明らかにしている。

作品のダークな雰囲気をうかがえるティーザー動画はこちらから。

本作については現在開発中であり、全世界同時発売を予定していること以外はほとんど明らかにされておらず、ゲームの対応機種についても公表されていない。

また、特別番組ではファミコン用ゲームソフト『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』について、2Dと3Dを組み合わせたグラフィックスを採用したリメイク版となる『HD-2D版 ドラゴンクエストIII』の発売が発表されている。リメイク版のプロデューサーは、同様のヴィジュアル・スタイルが採用されている『オクトパストラベラー』の開発に携わった早坂将昭が務めるという。

ティーザー動画はこちらから。

さらに、2017年に発売された『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』に登場したカミュとマヤを主人公とする新作スピンオフ作品『ドラゴンクエスト トレジャーズ』のリリースも発表されている。

また、日本限定で配信されている多人数参加型オンライン・ゲーム『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族』については、オンライン接続不要のスタンドアローン版として『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オフライン』が発売されるという。

その他のニュースとして、コーエーテクモゲームズの社内開発チームであり、ダーク戦国アクションRPG『仁王』やアクション・ゲーム『ニンジャ・ガイデン』を手掛けるチーム・ニンジャが『ファイナル・ファンタジー』のスピンオフ作品を制作中と報じられている。

スピンオフ作品は『ファイナル・ファンタジー オリジン』という作品名の「ソウルライク」アクションRPGになると見られ、6月に開催される「E3 2021」でスクウェア・エニックスが発表する「注目タイトル」の1つになるという。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ