Photo: Nintendo

任天堂は世界最大のゲームイベント「E3 2021」に先立ち、デザインを一新したNintendo Switchの新型モデルを発表する可能性があると報じられている。

『ブルームバーグ』によると、同社は早ければ7月にも新型モデルの生産を開始する予定となっており、発売時期は「9月もしくは10月」になるという。

新しいNintendo SwitchはXboxプレイステーションの次世代機に対抗するため、7インチの有機ELディスプレイとアメリカの半導体メーカーであるエヌヴィディアの新型グラフィック・チップを搭載し、4K解像度の映像出力にも対応するという。

新型モデルと現行モデルは平行して販売されるものの、現行モデルのNintendo Switchは順次廃止されていく見通しとなっている。また、新型モデルは技術的なスペックが向上しているため、現行モデルよりも価格が高くなると見られている。

前回の新型Nintendo Switchに関する『ブルームバーグ』の報道で、ディスプレイ・サプライチェーン・コンサルタンツのアジア代表である田村喜男は次のように述べている。「有機ELパネルはNintendo Switchの現行モデルの液晶ディスプレイと比較すると、バッテリー消費量が少なく、画面上の映像のコントラストが鮮明で、反応速度も向上するはずです」

任天堂はNintendo Switch本体や『マリオカート8 デラックス』、『あつまれ どうぶつの森』などの自社開発タイトルの好調な販売状況により、2020年度は過去最高利益を記録している。

2020年度のNintendo Switchの出荷台数は2883万台で、2019年に比べて37.1%増加している。さらに営業利益は(連結業績で)81.8%増の6,406億円(59億米ドル)、売上高は過去2番目となる17,589億円(166億米ドル)を計上している。

また同社は、プログラミングを学習できるソフト『ナビつき!つくってわかるはじめてゲームプログラミング』を6月11日に発売すると発表している。このソフトではビジュアルプログラミング(絵や図を用いて「視覚的」にプログラミングを行う)の方法で、様々な特性を持つ不思議な生き物をつなげてゲームを作り、ゲームプログラミングの基礎を学ぶことができる。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ