Photo: Capcom

ホラーゲーム『デッド バイ デイライト』の5周年記念として配信される『バイオハザード』をテーマにした新チャプターが公開され、レオン、ジル、ネメシスという3人のキャラクターが登場することが明らかになっている。

日本時間6月16日にリリースされるこの新チャプターでは「新・殺人鬼 ネメシス」に加えて、『バイオハザード』シリーズを代表する2人がサバイバー(生存者)となっている。『バイオハザード2』から「レオン・S・ケネディ」が、『バイオハザード』から「ジル・バレンタイン」が登場し、ジル・バレンタインの姿はリメイク版『バイオハザード3』のものとなる。

生存者にはそれぞれ3つのパークが用意されている。開発元のビヘイヴィア・インタラクティヴは、レオンのパークとして殺人鬼の視界を奪ったり一時的に気をそらしたりすることができる閃光手榴弾を用意していることを明らかにしている。

ゲーム内では『バイオハザード』のネメシス(タイラント)が新たな殺人鬼として登場する。ネメシスは触手による攻撃で生存者を感染させることができ、感染者が増えるほど強力になって触手の攻撃距離も伸びるという。

さらに『デッド バイ デイライト』の最新マップは『バイオハザード』のゲーム内で最も象徴的な場所のひとつであるラクーンシティ警察署がモチーフとなっている。

『デッド バイ デイライト』は非対称型のサバイバル・ホラー・ゲームで、4人の生存者が1人の殺人鬼に立ち向かう内容となっている。プレイヤーは4人チームで特定の任務を完了するまで殺人鬼から逃れて生き残ることを目指すものとなっている。

今回の『バイオハザード』の新チャプターでは、プレイヤーはネメシスの攻撃に対抗しながらマップの各所に散らばっているワクチンを探すことになる。AIに操作されたゾンビに嚙みつかれてTウイルスに感染しないように、プレイヤーはゾンビを避けながら警察署から脱出しなければならない。

ビヘイヴィア・インタラクティヴはプレスリリースで、『デッド バイ デイライト』が5周年を迎え、対応している各種プラットフォームを合わせると世界で3600万回以上ダウンロードされたことを明らかにしている。

『バイオハザード』の新チャプターについて、『デッド バイ デイライト』のゲームディレクターであるマシュー・コートは次のように述べている。「『バイオハザード』の伝説的なキャラクターたちが我々のゲームに加わって5周年を迎えられるなんて夢にも思いませんでした」

「すべてのホラーゲームの原点である『バイオハザード』を我々の新チャプターにお迎えできることは名誉であり、ホラーの殿堂としての地位を確固たるものにしていきたいと思っています」

『バイオハザード』の新チャプターは6月16日にPC版と家庭用ゲーム機版で配信される予定となっている。また、『バイオハザード』の新チャプターを購入すると無料特典としてアンブレラ社の限定チャームがもらえるという。

また、『デッド バイ デイライト』では最近、新たに架空のK-POPスターの殺人鬼が登場している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ