Photo: Sony

英国の小売チェーン「ゲーム」は、プレイステーション5の転売対策を講じると発表している。

PS5の購入は困難な状況であるなか、転売者がボットを使用してPS5の予約注文枠を一般者よりも先に確保してしまい、問題はさらに深刻化している。「ゲーム」に割り当てられたPS5は10分以内に完売している。

『VGC』によると、カーネイジと呼ばれる転売ネットワークのツイッター・アカウントでは、1月19日に「ゲーム」から2000台のPS5の予約注文に成功したとツイートされている。

カーネイジのツイッター・アカウントは、投稿に対する他のユーザーからの反発があったことを受けて、現時点では一般公開を中止している。カーネイジは通常は限定版のおもちゃ、フィギュア、ディズニーの製品などを取り扱い対象商品としているが、今回はPS5の在庫数と高額な転売価値に着目したものと見られている。

『VGC』で発表した声明の中で「ゲーム」の広報担当者はこう述べている「プレイステーション5の需要は依然として非常に高く、現在の供給量をはるかに上回っています。当社では、できるだけ多くのお客様にご購入いただけるよう『お客様1名につき1台まで』とする方針の遵守を徹底して参ります」

声明ではこう続けられている。「お客様が注文確認用のメールを受信した後にチェックを行い、その結果全ての予約注文の情報をキャンセルなどを含み、更新する場合があります」

「現時点ではまだ予約注文枠が確保された段階であり、お客様からのお支払いは行われておりません。注文のチェックが完了次第、お支払いの手続きを進めさせていただきます」

昨年11月の発売以来、PS5には在庫の問題が発生しており、アマゾンは発売日に在庫が「限られている」と警告していた。

在庫不足の結果、CEXのような中古品の小売業者は定価を200ポンド(約2万8400円)以上も上回る価格で中古のPS5を転売しており、eBayでも同様に不当な価格でPS5が転売されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ