Photo: Square Enix

漫画『ベルセルク』の作者として世界的知られる三浦建太郎の訃報をうけ、『ファイナル・ファンタジーXIV』のプレイヤーたちが追悼の意を表している。

『ベルセルク』を連載していた白泉社の『ヤングアニマル』編集部は彼の訃報を5月20日に公表し、急性大動脈解離のため5月6日に54歳で亡くなったと伝えている。

訃報をうけて『ファイナル・ファンタジーXIV』のゲーム内では数百人のプレイヤーたちが三浦建太郎を追悼しており、その様子がネット上に動画や写真で投稿されている。

『ファイナル・ファンタジー XIV』に登場する「暗黒騎士」というジョブは『ベルセルク』の主人公「ガッツ」をモチーフにしているとされている。三浦建太郎を追悼するため、「ゾディアーク」、「サボテンダー」、「エクスカリバー」といったデータセンターやサーバーで多くのプレイヤーが「暗黒騎士」の姿でフィールドに集まっている。

先日、同作品のサウンド・ディレクターを務める祖堅正慶がガンと闘いながらも拡張パッケージ『漆黒のヴィランズ』の楽曲を仕上げていったことが明らかになった際には、プレイヤーから大きな反響が寄せられていた。

三浦建太郎の『ベルセルク』は『ファイナル・ファンタジー』シリーズに大きな影響を与えており、『ファイナル・ファンタジー Ⅶ』の主人公「クラウド・ストライフ」のキャラクター・デザインもそのひとつとされている。また、『モンスターハンター』や『ブラッドボーン』など、その他のゲームにも影響を与えている。

関連ニュースとして、スクウェア・エニックスは5月25日にプレイステーション5版『ファイナル・ファンタジーXIV』のサービスを開始すると発表している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ