Photo: EA

エレクトロニック・アーツ、クイーンズ・パーク・レンジャーズFC、キヤン・プリンス財団の共同企画によって2006年に殺害された15歳のユース・サッカー選手が30歳のプロ選手の姿で5月18日から『FIFA 21』に登場している。

ロンドンを拠点とするクイーンズ・パーク・レンジャーズFCのユース・サッカー・クラブに所属していたキヤン・プリンスは2006年5月18日にエッジウェアにある母校で喧嘩を止めようとしてナイフで刺されて亡くなっている。

彼の死から15年となる節目に彼に敬意を表し、またナイフによる殺傷事件への関心を高めることを目的として『FIFA21』にキヤン・プリンスが登場することとなった。ゲームの中で彼はクイーンズ・パーク・レンジャーズFCに所属する30歳の選手として登場する。

エレクトロニック・アーツは彼の家族や友人をはじめ『アベンジャーズ/エンドゲーム』を手掛けた映像制作スタジオのフレームストア社に協力を仰ぎながら、10代のキヤン・プリンスの映像を元に30歳になった彼を再現させている。

IBFおよびWBOインターコンチネンタルの元ボクシング・ライトヘビー級チャンピオンである彼の父のマーク・プリンスは息子が『FIFA21』に登場することについて『ロイター』に次のように述べている。「たぐい稀なる才能が開花したキヤンの姿を世界に見てもらいたいです。彼の才能に敬意を表するとともに、他の子供たちが自分たちの才能にも目を向けるきっかけになればと思っています」

マーク・プリンスはナイフによる殺傷事件や若者たちの暴力事件に対する意識の改革と撲滅を目的として、2007年にキヤン・プリンス財団を設立している。モチベーションの向上に関する講演やワークショップを開催し、若者が正しい判断を選択する支援を行なっている。

元プロ・サッカー選手で、現在クイーンズ・パーク・レンジャーズFCでチームの取締役を務めるレスリー・ファーディナンドは、キヤン・プリンスがゲームに登場することで若者にメッセージを届けることができるとし、次のように述べている。「この世代の大半の人たちは『FIFA』をプレイしているので、キヤン・プリンスを目にして彼らの意識に変化が現れるのであれば、それは素晴らしいことです」

キヤン・プリンスは『FIFA 21』のPC版では「キックオフ・モード」と「キャリア・モード」に登場しており、プレイステーション4、プレイステーション5、Xbox One、XboxシリーズX/S向けにはイギリスの現地時間5月19日に追加される。「アルティメット・チーム・モード」でゲーム内の一定の目標を達成すると、カスタム可能なキヤン・プリンスのアイテムを入手することができる。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ