Photo: Nintendo/The Pokémon Company

希少な「カメックス」のポケモンカードが36万ドル(約3700万円)で落札されている。

カードの査定を手掛けるCGCトレーディング・カーズ社は現地時間1月14日にオンライン・オークション「ヘリテージ・ライヴ」で開催されたカードなどの収集品に関するオークションの売上をYouTubeで発表している。同社は約3700万円で落札されたこのポケモンカードが、任天堂がプレゼンテーション用に生産した、わずか2枚しか存在しないカードのうちの1枚であると認定している。

CGCトレーディング・カーズ社によると、プレゼンテーション用のカードは「英語表示のポケモンカードがどのようなものなのかをメディアで紹介するためのテスト・プリント」として生産されたもので、カードの詳細を示すカードケースのラベルには「プレゼンテーション用認定済み」と記載されている。

オークションの模様はこちらから。

この貴重な「カメックス」のプレゼンテーション用カード2枚は1998年にウィザーズ・オブ・ザ・コースト社により印刷されたもので、カードの裏面が白色になっている。また、カード・パックのテスト用として印刷されたその他のカードには、カードの裏面にマジック:ザ・ギャザリングの裏面が使用されている。2枚のうち、もう1枚の「プレゼンテーション用カメックス」のカードは現在見つかっていない。

また、ヘリテージ・ライヴのオンライン・オークションでは、「ポケットモンスターカードゲーム 第1弾 スターターパック/拡張パック 第1弾」の未開封ボックスも40万8千ドル(約4200万円)で落札されている。オークションではその他にも、バットマンのコミック本第1巻の初版が220万ドル(約2億2千万円)で落札されている。

そのほかのポケモンのニュースとしては『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』 のNintendo Switch版リメイクが2月に発表されると噂されている。フランス人のケリオスは、昨年末に同作品が完全リメイクとなる情報を最初にリークしていた。

『セントロ・ポケモン』によると、リメイク版は2月に正式発表される予定であり、今年の11月頃に発売となると報じられている。2月27日に予定されているニンテンドーダイレクトのプレゼンテーションの内容がリークされたと報じられているが、この件に関して任天堂はまだ正式な発表を行っていない。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ