Photo: Ubisoft

ユービーアイソフトは『プリンス・オブ・ペルシャ:時間の砂 リメイク』を2022年4月までに発売することを発表している。

この発表が行われた決算報告会の詳細をアナリストのダニエル・アハマドが5月12日にツイッターで明らかにしている。

本作は当初、2020年1月21日に発売が予定されていたが、昨年12月9日に発売日が2021年3月18日まで延期されていた。

さらに今年2月には「ゲームの完成にはもう少し時間が必要」と開発チームが明言し、発売の無期延期を発表していた。

オリジナル版の『プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂』はアクション・アドベンチャー・ゲームとなっており、プレイステーション 2、Xbox、ゲームキューブ向けに2003年に発売されている。このオリジナル版は、1989年に発売されたスーパーファミコン向け『プリンス・オブ・ペルシャ』のリブート作品となっている。

決算報告会ではユービーアイソフトの2020年度の業績も報告されている。新型コロナウイルスの世界的な大流行が続いているにもかかわらず、昨年は同社にとって2012年度以来の最も好調な年度となっている。

アサシン クリード ヴァルハラ』は昨年発売された人気作品の一つとなっている。本作はネット予約が前年同期比で50%増加し、これまでの『アサシンクリード』シリーズの中で最速の売上を記録している。

また、これから発売される作品のいくつかは、2022年4月までに発売予定であることを明らかにしている。その中には、オープンワールドのスポーツ・ゲーム『ライダーズ・リパブリック』や、無料で遊べる対戦型マルチ・プレイヤー・スポーツゲーム『ローラー・チャンピオンズ』などが含まれているという。

昨年には幹部らのセクハラ疑惑が告発され公になっている。最高経営責任者のイヴ・ギユモはこの問題を調査し、セクシャルハラスメントや不正行為に対して新たな施策に取り組むことを公表している。

その他のニュースとしてソニーはアナリストたちに対してプレイステーション5本体の在庫不足は来年以降も続く見通しだと報告している。

昨年11月の発売以来、プレイステーション5は需要の高さだけでなく「転売行為」の横行も相まって品薄状態が続いており、多くの小売業者がネットでの転売行為を防止する対策を講じている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ