Photo: Daniel Boczarski/WireImage

エレクトロニック・アーツは今年の「EAプレイ・ライヴ」を現地時間7月22日に開催することを発表している。

「EAプレイ・ライヴ」は、世界最大のゲームイベントの一つである「E3」と同じ6月に開催されてきたが、今回は例年より1ヶ月遅れの7月に開催予定となっている。ここ数年同社は「E3」に参加しておらず、代わりに「E3」の日程付近で独自のイベント「EA プレイ」を開催していた。2020年からは新型コロナウイルスの影響でオンライン開催となっており、名称も「EAプレイ・ライヴ」に変更されている。

同社は現地時間5月12日に公式ツイッターで会社ロゴをモチーフにした映像とともに開催日程を公開している。「『EAプレイ・ライヴ」が7月22日に開催されます。予定を空けておいてください」

イベントの詳細はまだ明らかにされていないが、これから発売される作品の情報が発表されると見られている。発売予定のタイトルには、シリーズ最新作の『ドラゴン・エイジ 4』やスケートボード・ゲーム『スケート』のリブート版といった期待作や、スポーツゲーム・シリーズ「EAオリジナル」レーベルから発売される作品も含まれている。

「EAプレイ・ライヴ 2021」の開催は例年より遅いものの、同社は来月には待望の新作『バトルフィールド 6』の情報を発表するようで現地時間5月11日に『バトルフィールド』の公式アカウントが次のようにツイートしている。

「Soon(スーン)と韻を踏む言葉――June(ジューン)、Boom(ブーム)」

それぞれ何らかの発表がまもなく6月に行われる単語が並んでおり、何かを予告していると見られている。

昨年の「EAプレイ・ライヴ」では『スターウォーズ:スコードロン』、『FIFA 21』、アメフト・ゲーム『マッデン NFL 21』のゲーム・プレイ動画が公開されたほか、「EAオリジナル」作品の体験プレイもいくつか公開されている。

今月初め、『バトルフィールド 6』のトレイラー画像と見られるスクリーンショットがリークされたと報じられている。リークされた画像は前作『バトルフィールド 5』の第二次世界大戦の設定とは異なり、シリーズ最新作では時間軸が現代に戻ることを示していると見られる。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ