Photo: Capcom

カプコンはイギリス・サマセット州に現れた謎の地上絵が『バイオハザード ヴィレッジ』の発売を記念して制作されたものであることを明らかにしている。

この巨大な地上絵は本作に登場するゾンビと人狼を合わせたような姿をしたクリーチャー「ライカン」を描いたもので、5月3日にサマセット州の丘陵地帯に出現していた。

縦58m、幅100mを超える「ライカン」は1日で制作され、「イギリスの歴史的で神秘的なヒル・フィギュア(石灰岩の丘陵地帯に画かれた地上絵)の特徴を備えています」とカプコンは述べている。

また、同社は「サマセット州のブラックダウン・ヒルズにあるイギリスで最も人里離れた村の近くに、巨大なヒル・フィギュアが一晩で不思議な輝きを放ち現れました」と述べている。

「このアートは『バイオハザード ヴィレッジ』に登場する新たな恐ろしい敵を描いており、真夜中に制作されました。俊敏な動き、鋭い牙、優れた反射神経を持つ『ライカン』は、イギリスの田園地帯に点在する50以上の地上絵中で最恐の存在となりました」

田園地帯に出現したこのヒル・フィギュアは、主人公の「イーサン・ウィンターズ」が恐ろしい化け物に襲われながら人里離れた村を旅する本作の内容に沿ったものになっているという。

『NME』の4つ星レヴューは「『バイオハザード ヴィレッジ』は不吉なサウンド・デザイン、素晴らしいグラフィック、新たな敵キャラを備えて、これまでのシリーズの要素やギミックを上手くオープン・ワールド形式に取り入れています。また、悪夢のような舞台と魅力的なキャラクターたちで満ちています」と評価している。

『バイオハザード ヴィレッジ』を購入すると、今年の夏にサービス開始予定のマルチ・プレイヤー・アクション・ゲーム『バイオハザード RE:バース』を無料でプレイすることができるようになる。

その他のニュースとして、セガは『ジャッジアイズ』シリーズ最新作となる『ロストジャッジメント:裁かれざる記憶』を9月24日に全世界で同時発売することを発表している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ