Photo: Capcom

先週、VRヘッドマウントディスプレイ「オキュラス・クエスト 2」向けの作品として発表されたVR版『バイオハザード 4』について2021年に発売予定であることが明らかになっている。

開発元のオキュラス・スタジオとアーマチュア・スタジオは4月22日午前7時に配信された「オキュラス・ゲーミング・ショーケース」で詳細を明らかにしている。ゲームの発売時期について具体的な日付は発表されていないものの、開発スタジオは今年の後半にVR版を「オキュラス・クエスト 2」向けに発売すると述べている。

配信動画はこちらから。

また、オキュラス・スタジオのエグゼクティヴ・プロデューサーであるルース・ブラムは2005年に発売されたオリジナル版とフルリマスターとなる今回のVR版との違いについても次のように詳しく説明している。

「作品全体をVR版へと作り直すために、私たちはアーマチュア・スタジオ、カプコンと密に連携をとって開発しています」とルース・ブラムは語っている。「ゲーム内の世界は細部に至るまで高画質化されており、VRならではの緊張感が徐々に高まっていく感じはオキュラス・ゴーグルのファンはもちろん、新たにプレイする人々にも新鮮な驚きと興奮を与えるでしょう」

また、重要な変更点として、カメラワークが3人称視点から1人称視点となっている。プレイヤーは弾薬や鍵などのアイテムをボタンではなく手を使ってつかむような実際の動きに近い動作で操作することができ、それぞれの手に異なる武器を装備したり、ベルトから他の武器をつかんで切り替えたりすることもできるようになっている。

その他の『バイオハザード』のニュースとして、『バイオハザード ヴィレッジ』の家庭用ゲーム機での出力解像度と想定フレームレートが発表されている。プレイステーション5、XboxシリーズXでは高解像度となるネイティブ4K HDRで60FPSに、XboxシリーズSでは解像度が1440pで45FPSに対応するという。

『バイオハザード ヴィレッジ』は5月8日に発売が予定されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ