Photo: Alessia Pierdomenico/Bloomberg via Getty Images

ゲームストップ社の最高経営責任者であるジョージ・シャーマンが7月31日までに辞任すると発表されている。

ゲームストップ社は現地時間4月19日に公式サイトでプレス・リリースを公開している。プレス・リリースによると、ジョージ・シャーマンは現地時間7月31日に退任予定としているが、それより前に後任者が任命された場合は退任日は早まるという。

ジョージ・シャーマンは「新型コロナウイルスの感染拡大という困難な状況下にあった過去2年間に私たちゲームストップ社が成し遂げたことを大変誇りに思っております」と述べており、2年間の在任期間中に「店舗の売り場面積を縮小してコストと負債を削減し、Eコマースの成長を通じてビジネスに安定と強さをもたらしました」と続けている。

現地時間6月9日に取締役会の会長に就任するライアン・コーエンは同プレス・リリースで次のように述べている。「ゲームストップ社は、ジョージ・シャーマンが在任中に発揮してくれた素晴らしいリーダーシップに感謝しています。彼は困難な時期に事業を安定させるために数多くの断固とした決断を下してくれました。現在のゲームストップ社は彼が就任した頃よりもはるかに力強くなりました」

ジョージ・シャーマンの辞任については、先週『ロイター』が第一報を報じていた。報道によれば、事情に詳しい3人の匿名の関係者はゲームストップ社が新たな最高経営責任者を迎えることを検討していることを語っていた。

今月初め、同社は役員陣の交代のほか、筆頭株主であるライアン・コーエンが取締役会の会長に就任することを発表している。

ジョージ・シャーマンの辞任はライアン・コーエンが推進していた、実店舗からEコマースへの事業転換を進めるための一環であると見られている。

今回の報道は今年初めに世界の株式市場を騒がせて話題となったゲームストップ社に関する最新情報となっている。同社は今年2月にCFOのジム・ベル、3月にCCOのフランク・ハムリンの退任を発表している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ