Photo: IO Interactive

グーグル・ステイディアは1月20日に発売予定の「ワールド・オブ・アサシネ―ション」三部作の完結編『ヒットマン3』に追加される重要な機能について発表している。ステイディアでプレイすると、ステイト・シェア機能を使ってゲーム内の体験を他のプレイヤーと共有することができるようになるという。

つまり、プレイヤーが画像や動画をゲームから直接共有することができ、URLの選択肢も選ぶことができる。このリンクによってプレイヤー独自のゲームのシナリオが正確に再現され、他のプレイヤーもそのシナリオでのプレイにURLから参加できる。

共有する「ステイト」には難易度、ミッションの目標、そして『ヒットマン3』の場合にはエージェント47の武器やアイテムなどが含まれる。URLをクリックした時点で、それまで特定のアイテムやエリアに制限がかかっていた場合でもシナリオ内では使用可能となる。

この機能はステイディア独自のもので、視聴者とのインタラクティヴなストリーミングやゲーム体験が可能となる。この新機能を利用することで、ストリーマーが自分でゲームのシナリオを設定して共有したり、プレイヤー同士で同じシナリオをタイムトライアルで競い合ったりすることが可能となる。

ステイディアのプロダクトマネージャーであるキャサリン・シャオは次のように説明している「ステイト・シェアの機能により、プレイヤーはゲームのユニークな状況、つまりゲームの特定の一場面を切り取って、他のプレイヤーと一緒にプレイすることができるようになります。また、ゲームのスクリーンショットやビデオ・クリップに飛ぶURLを作成し、友人と共有することもできます」

「ステイト・シェアをサポートするゲームでは、プレイヤーの現時点でのアイテム、難易度、目標など、さまざまな要素で構成された特定の状況で、ゲームをプレイすることができます。ステイディアでの状況の保存や、友人、視聴者、フォロワーと共有するURLは、とても簡単に作成することができます。URLをクリックするだけでゲームが起動し、そのまま各自ですぐにプレイできるのです」

今回の発表に先立ち、ソニーはヒットマン・シリーズの全3部作がプレイステーション4と5でVRでのプレイに対応することを発表していた。VRを使用すると、プレイヤーがエージェント47になりきってプレイすることができると報じられている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ