Photo: From Software

アクションRPG『ブラッドボーン』のリマスター版がPCとプレイステーション5向けに発売されるという噂は信ぴょう性に欠けると、改めて否定されている。

これはハッカーであり各種改造を行うことで有名なランス・マクドナルドが、昨年出回った噂を受けて、新たにツイッターで否定したことで明らかとなっている。彼は60FPSで動く『ブラッドボーン』のMOD動画を公開したことで知られている。噂の出どころとなったリークをしたCrazyLeaksOnATrainは、現在もリマスター版は「発売される予定である」とツイッター上で主張している。

ランス・マクドナルドは開発元とされていたいくつかのスタジオの開発者と話をしたと説明しており、1年近く前にこの噂を否定している。それ以降、PC版『ブラッドボーン』の噂を調べることをやめたという。

さらに彼は、当初の噂が出回った時期からかなりの時間が経過しているため、本作の現状や関連する情報は把握していないと述べている。

また、昨年「関係者」の間で密かに共有されていた噂の元ネタを見つけ「噂は100%偽物である」ことが分かったことを明らかにしている。

スレッドの最後には次のようにツイートしている。「当初言った通り、私は『ブラッドボーン』がPCに登場するかどうかは証明できません。しかし、個々の人が嘘を吐いていたり、それぞれのリークが偽物であることは証明できます」

当初の噂によると、リマスター版は米ゲーム開発スタジオのブルーポイント・ゲームズが開発しており、テクスチャーやモデルの向上、ロード時間の短縮、4K解像度でウルトラ・ワイド・モニター対応、60FPSでの動作などの特徴があるとされていた。

ランス・マクドナルドは先日、発売から約4年が経過した『ニーア オートマタ』の新しいチート・コードを発見している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ