Photo: Ubisoft

映画『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』のゲーム版『スコット・ピルグリムVS.ザ・ワールド:ザ・ゲーム』の再発版は販売元のリミテッド・ラン・ゲームズにとって過去最高の予約本数を達成している。

リミテッド・ラン・ゲームズの代表取締役でオーナーのダグラス・ボガートは『スコット・ピルグリムVS.ザ・ワールド:ザ・ゲーム』のフィジカル・ソフトがNintendo Switch版で4万5,000本、PlayStaion4で1万5,000本の予約数を記録したとツイートしている。

ダグラス・ボガートによるツイートはこちらから

ダグラス・ボガートはNintendo Switch版が予約開始から3時間で2万5,000本の予約があったことを明かしている。「これまでで最多のご予約をいただき、誠にありがとうございます!」と彼はその時にツイートしている。予約は1月15日からスタートし、2月28日まで受け付けられる。

https://limitedrungames.com/

ユービーアイソフトが製作した『スコット・ピルグリムVS.ザ・ワールド:ザ・ゲーム』は2010年に発売されたが、2014年にデジタル・ストアから削除されていた。昨年9月、ゲームと映画の10周年を記念してリメイクが発表されている。今回のリメイク版はゲームとナイブス・チャウとウォレス・ウェルズの2人のダウンロード・コンテンツをセットにした完全版となっている。

現在、『スコット・ピルグリムVS.ザ・ワールド:ザ・ゲーム』はPC、PlayStation4、Xbox One、Nintendo Switch、グーグル・ステイディアでデジタル配信中となっている。また、PlayStation5やXboxシリーズX/Sでも互換性でプレイすることができる。

ユービーアイソフトのニュースとしては、ルーカスフィルム・ゲームズと共同でオープン・ワールドによる『スター・ウォーズ』のゲームを製作していることが明らかになっている。現在開発の初期段階にあり、まだチームのリクルート中だとされている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ