Photo: Niantic

ポケモンGO』では最新イベントのリリース後に新たに登場するはずのポケモンが表示されないなど、複数の不具合が報告されている。

ゲームでは最新イベント「ライバルウィーク」が4月13日10時から4月18日20時まで開催されており、「クズモー」と「ウデッポウ」の2匹が野生、レイドバトル、フィールドリサーチのリワードとして『ポケモンGO』に初登場していた。

しかし、一部の旧バージョンのゲーム・アプリを使用しているプレイヤーからは、新しいポケモンが表示されないという不具合が報告されていた。『ポケモンGOプラス』や『GO-TCHA』などのデバイスを使用しているプレイヤーたちは、新しいポケモンを捕獲できるが、他のデバイスを使用していた一部のプレイヤーは新しいポケモンを捕まえられずにいたという。その後、公式ツイッター・アカウントは不具合を修正したと発表している。

ナイアンティック社はツイッターで不具合が発生しているプレイヤーに対して、ゲーム・アプリを最新のバージョンにアップデートするよう促している。しかし、このツイートに対して多くのプレイヤーがコメントしており、最新バージョンにアップデートすると「GOロケット団」との戦闘時にアプリがフリーズしてしまうといった別の不具合が報告されている。

ツイッター・ユーザーのThatHollowGuyは「最新バージョンにアップデートしたがらない人もいます。『GOロケット団』と戦闘を開始しようとすると不具合が生じ、iOSデバイスではモンスター・ボールを回転させるときにひどいラグが発生するからです……」とツイートしている。さらにツイッター・ユーザーKenzieGamesは「不満の声があがっている『GOロケット団』についてアップデートはありますか?(ロケット団とバトルして)レベル・アップしようと思っていましたが、現在それができなくなっているのですが」とツイートしている。

ナイアンティック社のツイートに対して、複数のプレイヤーが現在発生している他の不具合についても報告している。ツイッター・ユーザーのZachary T. Carterは「『フレンド機能』でXP(経験値)を獲得した際に発生する不具合については?」とツイートしている。「『しあわせタマゴ』を受け取っても通知が届きません」

ナイアンティック社の関連ニュースとして、『ポケモンGO』でタマゴからレアなポケモンが生まれる可能性は1%にも満たないことが明らかになったことを受けて、『ポケモンGO』で孵化する可能性のあるポケモンを確認できるテストが実施されているという。

また同社は先日、任天堂との新しいパートナーシップ契約の締結を発表しており、任天堂の『ピクミン』シリーズの作品をベースにAR技術を使ったモバイル・アプリを開発することが明らかになっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ