Photo: Square Enix

スクウェア・エニックスが『ファイナルファンタジーVII リメイク インターグレード』に追加される新規エピソードについて、最新情報を発表している。

ユフィ・キサラギに焦点を当てた新規エピソード・ダウンロード・コンテンツは『エピソード・インターミッション』と名付けられており、プレイステーション5版『ファイナル・ファンタジー リメイク インターグレード』に同梱され、日本時間6月10日に「プレイステーション・ストア」が独占してダウンロード販売を開始するという。

オリジナル版であるプレイステーション4版『ファイナルファンタジーVII リメイク』を持っているユーザーは、オンライン上でプレイステーション5版にアップグレードすることができる。ディスク版の場合はディスクドライブを搭載したプレイステーション5本体が必要となる。なお、定額制サービス「プレイステーション・プラス」のフリープレイで提供されたものは、アップグレードの対象外となっている。

スクウェア・エニックスは新エピソードの英語版で声優を務めるキャストを発表している。これによりユフィ役をスージー・ユン、ソノン・クサカベ役をアレックス・リー、ヴァイス役をダマン・ミルズ、ジージェ役をグリフィン・プアツ、ナヨ役をアシュリー・ボエッチャー、ビリー・ポー役をデヴィッド・ゴールドスタイン、ポルコ役をダニエル・アメルマンが務めることが明らかになっている。

『エピソード・インターミッション』では、プレイヤーは主人公・ユフィとして神羅カンパニーが開発した「究極マテリア」を奪うために「得意とする戦い方」で神羅に立ち向かう。スクウェア・エニックスは、ユフィの「巨大な手裏剣を操るバトルスタイルは健在です」と述べている。

「攻撃の間は、属性を炎・氷・雷・風に変化させられる『忍術変化』により遠距離攻撃忍術での攻撃を増強できます」

また、ユフィはエレメントチャージが可能な「邪気退散」という能力を使うことができ、プレイヤーがそれまでに消費したATBの量(戦闘時間)に応じて、敵に強力なダメージを与えることができるという。

今年初め、スクウェア・エニックスは『ファイナルファンタジーVII』の世界を舞台にしたiOSおよびアンドロイド向けの2つの新作モバイルゲームを発表している。『ファイナルファンタジーVII ザ ファーストソルジャー』は、RPGシリーズでおなじみの召喚獣や魔法、チョコボなどが登場するバトルロイヤル・タイトルとなっている。

一方、『ファイナルファンタジーVII エバークライシス』は、『ファイナルファンタジーVII』の集大成である『ダージュ オブ ケルベロス』から『ビフォア クライシス』までの全ストーリーを、章ごとに分けて構成したシングルプレイのゲームとなっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ