Photo: Black Forest Games

オーストリアのゲーム開発会社THQノルディックは『デストロイ・オール・ヒューマンズ!』のNintendo Switch移植版を欧州向けに現地時間6月29日にリリースすると発表している。

同社は4月8日にソーシャル・メディアを通じてこのニュースを発表している。今回の発表に合わせ、Nintendo Switch移植版でのゲーム・プレイを含む新しいトレイラー動画が公開されている。

予告トレーラー映像はこちらから。

Nintendo Switch移植版にはダウンロード・コンテンツの「スキン・パック」が含まれている。「スキン・パック」はXboxプレイステーションなど、その他のプラットフォームの場合は、オンライン・デジタルストアから10ドル(Xboxの場合1300円、プレイステーション4の場合1320円)で購入することができる。「スキン・パック」にはプレイヤーが操作するエイリアンの「クリプト137」用のスキン4点、具体的には「悪のピエロ」のスキンなどが含まれている。

また、THQノルディックは『Nintendo Switch・DNA・コレクターズ・エディション』と『Nintendo Switch・クリプト137・エディション』という2つの特別版のリリースも発表している。『Nintendo Switch・DNA・コレクターズ・エディション』にはNintendo Switch移植版ソフトやゲーム内の全スキンのほか、牛を「キャトル・ミューティレーション」する「クリプト137」のフィギュア、キー・ホルダー、リトグラフ6枚、目が飛び出すおもちゃ、プレミアム・ボックスが同梱される。

『Nintendo Switch・クリプト137・エディション』にはNintendo Switch移植版ソフトやゲーム内の全スキンのほか、「クリプト137」の(別バージョンの)フィギュア、「クリプト137」のデザインのリュックサック、キー・ホルダー、リトグラフ6枚、目が飛び出すおもちゃ、プレミアム・ボックスが同梱される。

『デストロイ・オール・ヒューマンズ!』はPC・家庭用ゲーム機リメイク版が昨年7月に発売されており、『NME』のジョーダン・オロマンはこの作品に5つ星中3つ星半の評価をつけ、本作の映像や2005年に発売された原作ゲームが忠実に再現されている点を賛称していた。

今年の2月にはTHQノルディックが公開したティーザー動画から、『デストロイ・オール・ヒューマンズ! 2』のリメイク版の登場が示唆されていた。この動画には「クリプト137」のクローンであり、『デストロイ・オール・ヒューマンズ! 2』の主人公である「クリプト138」が登場していた。『デストロイ・オール・ヒューマンズ! 2』のリメイク版に関する正式発表はまだない。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ