Photo: Blizzard Entertainment

ブリザード・エンターテイメントはPC版『ディアブロ II:リザレクテッド』の動作確認などを目的としたテスト・プレイ「テクニカル・アルファ」を4月9日23時から開始されている。

発表によると、事前登録した中から選ばれたプレイヤーが「テクニカル・アルファ」に参加することができ、実施期間は4月13日午前2時までとなっている。

今回のテストではシングルプレイ・モードのみに焦点を絞り、近接攻撃を得意とする屈強な「バーバリアン」、俊敏な身のこなしの「アマゾネス」、呪文使いの「ソーサレス」の3クラスのキャラクターでプレイができる。また、テストではレベルキャップがないため、期間中は自分のキャラクターを好きなだけ強化することも可能となっている。

ただし、テスト・プレイのセーブデータは今後のテスト版や製品版に引き継ぐことはできないとしている。

ブリザード・エンターテイメントは「『テクニカル・アルファ』ではお好みの操作方法でゲームをプレイできます」と述べており、マウスとコントローラーの両方を使ってプレイすることができるという。

このテストは世界のほとんどの地域で実施が予定されているが、英語版のみの提供となる。製品版では数十ヵ国語でローカライズされる。

また、同社はテスト参加者に対して「ゲーム内のどの場面でも好きなだけ録画や撮影をして、ゲーム・プレイ映像のストリーミング配信やスクリーンショットを公開してください」と勧めている。

今回のアルファ・テスト版には4K解像度、ドルビーサラウンド7.1への対応、合計27分間におよぶリメイクされたイベント・シーンや映像など、製品版で予定されている機能がすべて含まれている。

また、年内に発売が予定されている本作の完全版を予約していると、「テクニカル・アルファ」への先行アクセス権が与えられる。

本作の製品版はプレイステーション4、プレイステーション5、Xbox One、Xbox Series X|S、Nintendo Switchで年内に発売予定だが、「テクニカル・アルファ」はPC版でのみ実施される。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ