Photo: Ember Lab

米ゲーム開発スタジオのエンバー・ラボは8月24日に発売予定のPlayStation 5版『ケナ:ブリッジ・オブ・スピリッツ』について詳細を明らかにしている。

『ゲームスレーダー』 のインタヴューでエンバー・ラボの共同設立者兼開発者であるジョー・グリエルとマイク・グリエルは本作のストーリーとキャラクターについて触れており、PlayStation 5の技術がゲーム・システムにどのような影響を与えるのかを紹介している。

彼らによれば、本作の主人公である「ケナ」は「聖なる山の神殿を求めて旅する若きスピリット・ガイド」なのだという。

バリ島のような雰囲気を持つ幻想的な世界を舞台に、「ケナ」は力を使って堕落した精霊たちを倒しながらさまざまな場所を探検し、忘れ去られた村と奇妙な呪いの秘密を解き明かしていく。

ゲーム内で「ロット」と呼ばれる小さな精霊たちを集めることで、「ケナ」は敵を倒す能力を高めることができる。

「集めた『ロット』は、敵に群がったり、鋭い弾丸やさらには変形する雲を作り出して敵を倒すことができます」とインタヴューでは語られている。「彼らを見つけて成長させて、より強い『ロット』でチームを編成することで、さらに強力な攻撃が可能になり、装備などがアップグレードされていきます」

「ケナ」の杖を弓矢にアップグレードするなど、戦闘能力や装備を強化していくこともできる。

さらに、PlayStation 5の技術を生かすアクションも取り入れられていると述べており、デュアルセンス・コントローラーに搭載されている「アダプティブ・トリガー」を最大限に利用することで、「ケナ」が弓を引くと、弦の抵抗を体感できるようになっているという。

本作はPlayStation 5、PlayStation 4、PCで8月24日に発売される予定で、3人称視点のアクション・アドベンチャー・ゲームとなっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ