Photo: Epic Games

エピック・ゲームズはNintendo Switch版の『フォートナイト』の最新アップデートを現地時間3月30日に配信したと発表している。このアップデートによりNintendo Switch版の携帯モードとTVモード双方の描画機能が強化され、全体的なパフォーマンスが向上したという。

エピック・ゲームズの『フォートナイト』公式サイトよれば、現地時間3月30日に配信されたアップデートにより「Nintendo Switchでの描画機能が強化され、コンソールのGPUをより効率的に使用できるように」なったという。

公式サイトは次のように発表している。「アップデートにより携帯モードとTVモードの両方で解像度が大幅に改善されます。その結果、パフォーマンスが低下することなく映像がより鮮明になります」

このアップデートによりNintendo Switch版の解像度は携帯モードの場合ピクセル比で38%増加する。フレームレートを安定させるために「ダイナミック・レゾリューション」(フレームレートを優先した解像度の自動調整)が引き続き導入され、全体的によりスムーズなゲーム・プレイが実現される。

解像度は携帯モードで1000×560から1170×660に、TVモードで1390×780から1560×880に向上している。

また、ソフトに必要なストレージ容量も約140MB削減されるという。Nintendo Switch本体のストレージ容量はメモリーカードなしで約32GBとなっているため、『フォートナイト』はこれまで本体の容量の約22%を占めることになっていた。

他のNintendo Switch移植作品はこれまで移植の過程でかなりのダウングレードを余儀なくされてきた。『エーペックスレジェンズ』のNintendo Switch移植版は日本時間3月10日にリリースされたが、解像度は720pでフレームレートは30fpsとなっており、これはPlayStation 4版やXbox One版の半分の描画能力となっている。

Nintendo Switchのパフォーマンスは以前から議論の的になっていたが、一方でNintendo Switch Proが登場するとの噂も広まっている。

関連ニュースとして、エピック・ゲームズは『フォートナイト』で現地時間3月16日から新シーズンをリリースしており、『トゥームレイダー』シリーズの主人公であるララ・クロフトやサッカー選手のネイマールのスキンもゲームに追加されている。ララ・クロフトのスキンは3種類用意されており、それぞれ初代プレイステーションで発売された頃のララを彷彿とさせるレトロなスキン、スクウェア・エニックスから発売された『トゥームレイダー』3部作のようなモダンなスキン、そして『フォートナイト』オリジナル・バージョンのスキンとなっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ