Photo: Nintendo

期間限定発売の最終週を迎えた『スーパーマリオ 3Dコレクション』の売上が急増していることが明らかとなっている。

『ゲームズ・インダストリー』が掲載したGFK社のゲーム・セールス調査によると、任天堂が販売終了を発表している『スーパーマリオ 3Dコレクション』の英国での売上が前週比で276%増加しているという。

今週の英国ゲーム・セールス・ランキングのトップ10では『スーパーマリオ 3Dコレクション』が発売されたばかりの『モンスターハンターライズ』に次ぐ2位となっている。

トップ10のうち、Nintendo Switch向けのタイトルは9本ランクインしている。唯一異なるタイトルとなった『FIFA 21』は8位にランクインしており、先日開催されたプロモーション・イベントが奏功し、先週と比べ売上が197%増加している。

『スーパーマリオ 3Dコレクション』は「スーパーマリオブラザーズ35周年」キャンペーンの一環として発売されており、『スーパーマリオ64』、『スーパーマリオサンシャイン』、『スーパーマリオギャラクシー』を1つのソフトにしたNintendo Switch移植版セットとなっている。

3作品ともNintendo Switch向けに最適化が施されており、HD画像や16:9サイズの画面比率に対応している。『スーパーマリオギャラクシー』はWiiではWiiリモコンとヌンチャクでのプレイだったが、Nintendo Switchでも同じ感覚で遊べるよう、Joy-Con 2本持ちにも対応している。

『スーパーマリオ 3Dコレクション』は昨年9月18日の発売当初から期間限定の発売が予定されており、ダウンロード版とパッケージ版の販売は本日3月31日をもって終了となる。

『NME』のジョーダン・オロマンは5つ星中5つ星の評価をつけて、このコレクションを「悪魔的に中毒性の高いパッケージ」と評し、「オリジナル版のゲーム体験を損ねることなく愛情を込めて制作された移植版セット」と述べている。

「マリオ」の次回作はNintendo Switch向けに6月25日に発売される『マリオゴルフ』シリーズの新作『マリオゴルフ スーパーラッシュ』となっている。発売については2月18日に配信された「ニンテンドーダイレクト」で発表されていた。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ