Joopiter

Photo: Joopiter

ドレイクはファレル・ウィリアムスが特注した14金のプレイステーション・ポータブルを購入していたことが明らかになっている。

ファレル・ウィリアムスが所有するオンライン・オークションハウス「ジュピター」によれば、この純金によるプレイステーション・ポータブルは純金のブラックベリーと共に2008年にファレル・ウィリアムスが特注したものとなっている。

このプレイステーション・ポータブルは「純正のプラスチックに代えて」14金を使用したもので、通常280グラムの重量は659.7グラムまで増加している。保管と輸送のためにゴヤールの特注キャリングケースも特注されており、オークションにはそれも含まれていた。

昨年、ファレル・ウィリアムスはこの純金のプレイステーション・ポータブルをオークションで15,700ポンド(約250万円)で売却していた。また、ダイアモンド、サファイア、ルビーがあしらわれた18金のマリオのペンダントも12160ポンド(約190万円)で競り落とされている。

今回、ドレイクは21サヴェージとのコラボレーション作より“Jumbotron Shit Poppin”のミュージック・ビデオが公開されており、それによればプレイステーション・ポータブルを落札したのはドレイクだったことが明らかになっている。

トリスタンCMが監督したミュージック・ビデオにはプレイステーション・ポータブルが度々登場しており、リル・ベイビーやマイク・タイソンも出演している。

昨年、エリザベス女王2世のために作られた純金の任天堂Wiiは24350ポンド(約387万円)で落札されている。

Copyright © 2023 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ