Photo: Bungie

『デスティニー2』の開発元であるバンジーは親会社のソニーと共に「複数の未発表のプロジェクト」に取り組んでいることが明らかになっている。

2022年1月、ソニー・インタラクティブエンタテインメントはバンジーを36億ドル(約4700億円)で買収することを発表しており、買収は昨年6月に完了している。

バンジーでクリエイティヴ面を手掛けるトム・ファンズワースによれば、買収による提携は有益なものだったようだ。トム・ファンズワースは勤続を記念した盾の写真をツイートして、次のように述べている。「バンジーの11年間はこんな感じです。25個以上のそれぞれのメダルが何百万以上のユーザーに届けられた『デスティニー』を表しています」

「この期間の間に私たちはゲームの開発方法やビジネス内容も変えて、箱詰めされた商品からライヴ・サービスのゲームへと移行しました」

トム・ファンズワースは今後について次のように続けている。「ソニーの支援の下、複数の未発表のプロジェクトにも取り組んでいます」

買収に先立ってバンジーは2025年までに完全な新規IPを市場に投入する計画であると語っていた。

「バンジーの長期的なヴィジョンとしては私たちには『デスティニー』のような飛び込んで友情を育むのに素晴らしい世界があります。そして、みなさんが気になる新しい世界を紹介していきたいと思っているのです」とバンジーのCEOであるピート・パーソンズは2019年に語っている。

昨年2月、ソニーはバンジーの援助を得て10作のライヴ・サービスのゲームに取り組むと発表している。同時にバンジーが新しいIPに引き続き取り組んでいることも明かしている。

買収が報じられた際、ソニーは『デスティニー2』のマルチプラットフォームを継続することを明らかにしている。

「非常に大きな『デスティニー2』のゲーム・コミュニティは、プラットフォームに関係なく、継続して楽しめる環境を望んでいると思います」とジム・ライアンは語っている。

一方、『グランツーリスモ7』と『ビートセイバー』がプレイステーションVR2でリリースされることが明らかにされている。ジム・ライアンはプレイステーションVR2の発売に向けて「30以上のゲーム」が開発されていると語っている。

Copyright © 2023 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ