Photo: Elizabeth Fernandez // Getty

中国では若者のゲーム依存症の問題が解決したと報じられている。

『ロイター通信』の11月22日付の報道によると、中国ゲーム産業グループ委員会にデータを提供しているCNGは、昨年から開始された若者のゲーム時間の規制による「目覚ましい成果」として、国内の未成年者(18歳未満)の75%が規制に従って利用時間を週3時間以内に抑えていると発表している。

昨年7月には未成年者が深夜までゲームをプレイするのを防ぐために、ネットサービス大手のテンセントが携帯電話のカメラを利用した顔認証システムを採用すると発表していた。

英国のニュースサイト『ザ・レジスター』によると、テンセントは深夜にゲームをプレイする場合は顔認証を使って年齢確認を行うとのプレスリリースを発表している。この顔認証ソフトウェアは午後10時から午前8時までの時間帯で未成年者のプレイを禁止するもので、未成年者が大人を装って深夜にゲームをするのを取り締まる。

中国政府はこの時間帯の夜間外出禁止令の発令に加えて、未成年者のゲーム時間を1日90分間以内に制限しており、ゲーム依存症を防ぎ、より生産的な活動に参加させるよう取り組んでいる。『ザ・レジスター』によれば、「顔認証を拒否または失敗した者は未成年者とみなされる」という。

CNGの報告では、テンセントはネットイース、パーフェクト・ワールドなどと共に規制に協力していることが明らかになっている。

その他のニュースとして、ブリザード・エンターテイメントは先日、中国で展開中のゲームサービスの大半を一時停止すると発表している。

アクティヴィジョン・ブリザード社は同社の公式サイトでプレスリリースを公開しており、中国におけるサービスの一時停止はゲームのオンラインサービスを提供しているネットイースとのライセンス契約が2023年1月23日に終了するためと説明している。

契約の終了に伴い、中国では『ワールド・オブ・ウォークラフト』、『ハースストーン』、『ウォークラフト3:リフォージド』、『オーバーウォッチ』、『スタークラフト』シリーズ、『ディアブロ III』、『ヒーローズ・オブ・ザ・ストーム』など、同社の人気ラインナップのオンラインサービスが終了することになる。一方で、『ディアブロ イモータル』はブリザード・エンターテイメントとネットイース両社間で別途締結された契約に基づき、サービスが継続されるという。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ