Photo: Santa Monica Studio

ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク』の開発者であるサム・ハンドリックが同僚でパートナーのジェイク・スナイプスをツイッターで追悼して、ゲーム内に彼を偲ぶ隠し要素があると明かしている。

サム・ハンドリックは次のようにツイートしている。「『ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク』には私にとって特別なものが収録されています。開発チームは私が提案した全てのアイディアを期待通りに実現してくれました。お話しするのはもう少し先にするつもりでしたが、万が一に備えて、今お伝えします。特別なものとは、“ヤリとソムルのバラッド(the Ballad of Jari and Somr)”です」

サム・ハンドリックは、開発チームに頼んで制作してもらったサイドクエスト内の隠し要素を説明している。彼のアイディアにより、ルーン文字が入った緑色のハートがゲーム内の岩壁に刻まれている。このアイディアはもともと、サム・ハンドリックの同僚でパートナーのジェイク・スナイプスが数年前に「自分たちのシンボルをゲーム内に残したい」と考えたことから生まれたという。

サム・ハンドリックは次のように述べている。「僕たちが出会って、初めて一緒に作ったゲームに何らかの形を(残したいと思いました)。ジェイクはかつて、古代北欧のルーン文字で自分たちのイニシャルを入れたシンプルなハート形をゲームの世界に刻むのはどうかと提案しました」

ジェイク・スナイプスは2020年に持病のてんかんが原因で亡くなっている。ジェイク・スナイプスの死後、職場に復帰して『ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク』の開発を続けることにしたサム・ハンドリックはゲーム・ディレクターのエリック・ウィリアムズにゲーム内でジェイク・スナイプスを追悼できないか相談したという。

「エリック・ウィリアムズは期待以上のものを作ってくれました」

「エリックと開発チームに、僕たちのイニシャル入りのハートを刻むというジェイクのアイディアを伝えました。彼らはこのアイディアを実現したうえに、さらに特別なものを用意してくれました。残酷な世界で出会った男性2人が、お互いこそが自分の居場所だと気づくというストーリーです」

サム・ハンドリックは、このサイドクエストのストーリーが「自分を理解してくれない世界でも、心から安心できる場所を見つけられる」と多くのクィアの人たちに知ってもらえるきっかけになればと述べている。「(安心できる)居場所は、人の場合もあります」

クエストでは「燃え続ける」七色の焚火が登場し、この火が「名付け難いものを見つけた、ある男の物語」を見せてくれるという。

また、ジェイク・スナイプスの兄弟であるトム・スナイプも、兄弟を失った悲しみをツイートしている。「ジェイクが亡くなって以来、喪失感と悲しみで、絶望的な気持ちになっています。彼の恋人のおかげで、2人が制作に携わった『ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク』にジェイクの名は永遠に刻まれます。愛してるよ、ジェイク。ずっと忘れないからね」

その他のニュースとして、コーエーテクモゲームスのチーム・ニンジャが『忍者龍剣伝(NINJA GAIDEN)』シリーズおよび『デッド・オア・アライブ』シリーズのリブート版制作を計画していると報じられている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ