Photo: Ubisoft

ユービーアイソフトは『レインボーシックス シージ』の来たる新シーズン「イヤー7 シーズン4(Y7S4)」で導入される新マップ、クロスプレイ、ランク2.0などを発表している。

『レインボーシックス シージ』 の「イヤー7 シーズン4:オペレーション・ソーラー・レイド」では、新マップ「ナイトヘイヴンラボ」が登場する予定となっている。海に囲まれた近代的な外観のナイトヘイヴンラボには地下に1箇所、1階に2箇所爆弾が設置されている。

新シーズン「オペレーション・ソーラー・レイド」では、ARヘッドセットで敵のガジェットを検知する防衛側の新オペレーター「ソリス(Solis)」が登場する。防衛オペレーター「ソリス」の詳細についてはこちらから。

https://www.ubisoft.com/ja-jp/game/rainbow-six/siege/news-updates/BYgPmEX7wq6qHrhh6yCvg/solis

また、新シーズン4ではPC版、家庭用ゲーム機版それぞれの対応機器間で対戦できるクロスプレイの開始など、待望のアップデートが複数実施される予定となっている。クロスプログレッションの導入により、プレイヤーはすべてのプラットフォーム間でコスメティック・アイテムやアンロックされたオペレーターを共有できる。

さらに、「オペレーション・ソーラー・レイド」ではランクシステムが変更されて「ランク2.0」となる。「ランク2.0」では各ランクが5段階に分かれており、1段階が100ランクポイントとなる。従来のマッチメイキング評価に代わり、マッチ終了時に獲得するポイントによってランクが変動する。

また、評価システムもアップデートされて、プレイヤーは自分のゲーム内での行動がコミュニティからどのように評価されているかを示す「評判スコア」を確認できるようになる。

このほか、ドローンスキンや分岐型のバトルパスが実装されて、各マップの準備フェーズでのフレンドリー・ファイア(味方からの攻撃でダメージをうけること)が削除される。

その他のニュースとして、ユービーアイソフトは『アサシン クリード ヴァルハラ』のリリースから2年間続いたコンテンツ・アップデートは来たる12月6日の配信が最後だと発表している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ