Photo: EA Dice

『バトルフィールド2042』の「シーズン3:エスカレーション」が11月22日に配信されたことが開発元のデジタル・イリュージョンズ・クリエイティヴ・エンタテインメントによって発表されている。

新シーズン「シーズン3:エスカレーション」では、マップ、スペシャリスト、武器など、多数の新コンテンツが追加される。

「シーズン3:エスカレーション」のゲームプレイ動画はこちらから。

スウェーデンの荒野を舞台にした新マップ「スピアヘッド」で最先端の武器を製造する半自立型製造工場の周辺や敷地内で戦闘を繰り広げる。

バトルパスは100のグレードで構成されており、新スペシャリスト「ラシード・ゼイン」がアンロックできる。「ラシード・ゼイン」はラップランド施設を警備するエジプト出身の兵士であり、セミオートマチック・エアバーストランチャー「XM370A」を使用するほか、他のスペシャリストよりも早くライフを回復できる。

さらに、セミオート武器のショットガン「NVK-S22」、レールガン「Rorsch MK-4」、ブルバップ・ピストル「NVK-P125」、投げナイフなど、新たな武器が多数登場している。

また、新タンク「EMKV90-TOR」も使用できるようになっている。「EMKV90-TOR」には、素早く移動できるモビリティモード(機動モード)と、スピードは落ちるがターレット(戦車の回転式銃座)で強力なダメージを与えられるシージモード(包囲モード)の2つのモードが利用できる。

デジタル・イリュージョンズ・クリエイティヴ・エンタテインメントは以前、プレイヤーからの「意見が二極化している」スペシャリスト・システムを改善すべく、従来のクラス・システムを再導入して、スペシャリストを突撃兵、偵察兵、援護兵、工兵の4カテゴリーに分類する予定だと発表している。新たなクラス・システムでは、所属クラスによる使用武器の制限はないが、クラスごとに武器の熟練度システムを採用するという。クラス・システムはシーズン3の後半に導入予定となっている。

『バトルフィールド2042』は昨年11月の発売当初、数多くの不具合に見舞われていた。『NME』の記者ジェイク・タッカーは本作のレヴュー記事に3つ星を付けて、「プレイできるが、『バトルフィールド』シリーズにとって大誤算であると言える」と評している。

その他のニュースとして、ブリザード・エンターテイメントは『オーバーウォッチ2』の報酬システムを改善するとファンに伝えている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ