Photo: Obsidian Entertainment

FPSゲーム『フォールアウト:ニューベガス』のディレクターを務めたジョシュ・ソウヤーは『フォールアウト』シリーズ新作の開発に前向きの意向を語っている。

『VGC』によると、YouTubeチャンネル『カインダ・ファニー・ゲームズ』の取材に応じたジョシュ・ソウヤーは、オブシディアン・エンターテインメントの最新作『ペンティメント』の開発やリリースについて語るなかで、『フォールアウト』シリーズを再び手がける可能性を尋ねられている。

ジョシュ・ソウヤーは『フォールアウト:ニューベガス』の開発を振り返って「(開発期間が)18か月しかなかったので大変だったが、非常に充実していて素晴らしい時間でした」と述べている。

「『フォールアウト』シリーズとその世界観が大好きです。またやりたいと思っていますが、今後どうなるかはまだ分かりません」

また、カリフォルニアかアメリカ中西部を舞台にした『フォールアウト』を制作してみたいと語り、「機会はたくさんあるだろう」と続けている。

「ディレクターとして情熱を持ってゲーム設定を考えるのはもちろん、開発チームが心からワクワクでき、なおかつゲームの世界観の大枠にあった設定が必要だと考えています」

今年10月、オブシディアン・エンターテインメントの創設者ファーガス・アーカートは、機会があれば『フォールアウト』シリーズの新作を手がけるつもりだと語っている。同スタジオが今後手がけるプロジェクトの候補として『フォールアウト』がなければ「驚くね」という。

ジョシュ・ソウヤーはインタヴューで次のように続けている。「『ペンティメント』のように、独自で開発するゲームタイトルについてはある程度の決定権があります。一方で、大型IPやシリーズ作品については、“『フォールアウト』らしさとは何か?”といったことを考える必要があります。私は世界観のすべてを決定できませんし、すべきではありません」

ジョシュ・ソウヤーの関連ニュースとして、Xboxゲーム・パスのサポートがなければ『ペンティメント』を開発できなかっただろうと発言している。

その他のニュースとして、最新作『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』が韓国のレーティング機関の審査を通過したと報じられている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ