Photo: Activision Blizzard

トレイアーク社は『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』のマルチプレイヤー用のプレイリスト「CDLモッシュピット」のリリースに「若干の遅れ」が生じていると発表している。

同社はツイッターに更新情報を掲載しており、ハードポイント、サーチ&デストロイ、コントロールの3つのモードを搭載するマルチプレイヤー用のプレイリスト「CDLモッシュピット」が当初予定していた11月17日にはリリースされないと伝えている。

「更新情報:CDLモッシュピットは当初、シーズン01のマルチプレイ開始と同時に本日(11月17日)リリースされる予定でしたが、先日このモードに問題が発生したため、リリースが若干遅れています」とツイートされている。

「現在、この問題への対応は最優先事項となっており、早急に進捗状況をお知らせします」

ツイートは次のように続いている。「パートナーのインフィニティ・ウォード社が対戦型マルチプレイヤー・モードの進捗状況をプロジェクト管理のWebアプリケーション「トレロ」の『モダン・ウォーフェア2』のタスクボードで公開しますので、最新情報をお待ちください」

『モダン・ウォーフェア2』の「CDLモッシュピット」はマルチプレイ用のプレイリストとなっており、2023年に導入予定のランクプレイに先駆けて『モダン・ウォーフェア2』の最初のシーズンで提供される。

リブート版『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』の続編となる『モダン・ウォーフェア2』は、プレイステーション4、プレイステーション5、Windows、Xbox One、XboxシリーズX/Sで10月28日にリリースされている。

トレイアーク社は今月初めに「『モダン・ウォーフェア2』のランクプレイが2023年に登場」とツイートしており、パートナー企業と共に「競技用モード、ランク別スキル階級、可視化されたスキルレート、上位250名のリーダーボード、競技報酬」の制作に取り組んでいると述べて、次のように続けていた。

「『モダン・ウォーフェア2』のプレイヤーはシーズン01の開始時に登場するCDLモッシュピットに挑戦できます」

『モダン・ウォーフェア2』は『コール オブ デューティ』シリーズ史上最高の売れ行きとなっており、先日、リリース初週の週末で6億ドル(約880億円)の売上を突破したと報じられている。

『NME』は『モダン・ウォーフェア2』のレヴューで4つ星を付けて「今年最高の大作」と評している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ